福岡大学映画研究部

福岡大学映画研究部の活動報告・情宣をしていきます。
本学構内で年に5回、商業、自主制作映画の上映会を行っております。

制作一課 6月5日

2017-06-13 20:02:53 | 制作1課

みなさん、こんにちは!制作一課長です。

 

6月5日の制作一課ではカット割りの課会を行いました。

 

映画のカット割りにはどのような意味があるのかを説明したあとに課員のみんなに既存の台本を使ってカット割りを考えて撮影してもらいました。

 

カット割りの種類は大きく分けて二種類。

長いカットであるか、短いカットであるかです。

長いカットは長回しやロングテイクと呼ばれます。

短いカットにはさらに分類されます。

課会では

リアクション・カット

ディティール・カット

カット・アウェイ

の三種類を紹介しました。

 

気になった方は、ぜひ調べてみてください!

 

カット割りを考えるために使った脚本はこちらになります。

 

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」のワンシーンです。

 

ちなみに、この台本部分だけで10カット以上はあります。

課員たちはこの台本をいったい何カットに分けたのか?

答えは鑑賞の課会で!

 

それでは!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 制作2課 5月31日 課会⑤ | トップ | 鑑賞課 5月30日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作1課」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。