福岡大学映画研究部

福岡大学映画研究部の活動報告・情宣をしていきます。
本学構内で年に5回、商業、自主制作映画の上映会を行っております。

鑑賞課!!『ルーム』(ネタバレ注意)

2016-10-25 10:28:14 | 鑑賞課
こんにちは!鑑賞課長です!

最後の課会なので私が今年観た中で一番感動した映画を流そう!!
ということで今回鑑賞した映画は…

『ルーム(2015)』です!

《あらすじ》
ジャックはママと一緒に「部屋」で暮らしていた。ジャックが5歳になったとき、ママは「ママの名前はジョイ、この「部屋」の外には本当の世界があるの」と打ち明ける。混乱するジャックを説き伏せて、決死の脱出を図るが…。

課員みんな泣いてました…(笑)

この作品は今年のアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。そこで主演のブリー・ラーソンの演技に注目して鑑賞してもらいました。

《部屋》にいたときのジョイ(ママ)は息子のジャックという守るべき存在がいて強い母親でした。私もそんなジョイを見てたくましくて強い女性だなと思いました。

しかし、《部屋》を出たジョイは外の世界にどんどん慣れていくジャックとは反対に、周囲の目線を気にし、奪われた7年間のことを考えてしまってどんどん弱っていってしまいます。そんな彼女でしたがジャックから生きる希望をもらい人生を楽しもうと決意します。

ジョイを演じたブリー・ラーソンは息子を守る強い母親と、普通の女の子としての弱い部分を上手く演じられていたと思います。

あと息子のジャックを演じたジェイコブ・トレンブレイ君の演技も素晴らしかったです!
母親が子供を守るだけではなく子供の存在も母親にとっては大きな存在でお互い助け合っているのだと感じました。

自分が親になったときにまた鑑賞してみたいです!

以上が活動結果報告です!

私が鑑賞課長を務める課会これで終わりです!
課長として至らない部分も多々ありましたが、課員に映画の魅力を少しでも伝えられたのであれば幸いです。
支えてくださった部員のみなさん本当にありがとうございました!!

次の鑑賞課長の課会も楽しみにしていてください!

では!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑賞課!!『キンキーブーツ... | トップ | 制作一課ラスト! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鑑賞課」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。