立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログ。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

休めない部活動

2017-05-20 13:20:11 | その他
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】私立校・中高一貫校生 一学期中間テストの勉強の仕方

【電子書籍】私立校・中高一貫校生 一学期期末テストの勉強の仕方

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

この時期からすでに、テスト前でも休めないという部活動があると思います。


私立校・中高一貫校の場合、自己判断による、自由参加を謳うことが多いですが、
実質は半強制的に出なければならないことになるでしょう。


大会も近いということで、1年生でも、授業中公欠してでも、
応援に行かなければならなかったりもすると思います。


文武両道出来ている方にとっては、素晴らしい環境・状況だとは思いますが、
出来ていない方にとっては地獄絵図となります。


そうして頑張った部活動で、どんなに活躍しても、この一学期の点数、成績に、
“加味”されることはありません。


そんな『特別=真面目に勉強している方にとっては差別』をするわけにはいきませんので、
自由を謳歌する、自分勝手を優先するのであれば、その分、『より頑張って』、
『文』において、規定の点数、成績を取らなければ、断罪されることになります。


昨今、塾でも部活動が休めないので、勉強できませんと言う方が、驚いたことに、
これは親御さん、ご家庭においても、言われる方が多いです。


塾を休む、塾での勉強できない、やれないは、進級・進学に直接関係してきませんが、
学校の授業・勉強、『記録』されるテストにおいて、それを言って、
『許される』ということは、絶対にないです。


むしろ、その学校の授業・勉強、『記録』されるテスト、成績“こそ”が、
通っている学校での進級・進学に直接関わって来るということを、
危機感を持って、意識・覚悟を持っていないと、当然のごとく、
進級・進学できないことが決まっていきます。


いやいや、学校・先生側が、部活動に入り、部活動をやること、頑張ることを
“強制”したのだから、学校・先生側にも責任があると主張されるつもりかもしれませんが、
学校・先生側が、責任を取ることなど一切ありません。


部活動などの選択をしたのは、そしてその部活動を続けると判断したのは、
あくまでも生徒本人、親御さん、ご家庭の『決断』ですので、
全てにおいて、『自己責任』となります。


顧問の先生すら、そういう態度・姿勢を取って、最終的に切り捨てるように、
扱ってきます。


子供達の可能性、未来・将来のことを一切否定せず、
最大限ギリギリまで応援した上での結果ですから、『結果は仕方ないですね』、
『この経験を活かして、“次”のところ(学校)で頑張って下さい』と、なります。


掃き捨てられるように感じられるかもしれませんが、今は学校・先生側が、
子供達に、ご家庭に、一切介入しないのが『正』となっておりますので、
学業と部活動のことをどう判断し、どう決断するのかは、全て自己責任となります。


そうした上で、学業面での『結果』のみで、進級・進学要綱に照らし合わせて、
進級・進学の合否を決定することになります。


よく、勘違いされているようですが、
学校・先生側が部活動などをやることを推薦しているのは、
学業面での結果、進級・進学が出来ると“決定した時”に、
プラスアルファで、生活面での活躍、つまり部活動などの頑張りを、
加点となるので有利だからです。


多くの方は、この時、
『学業面での結果、進級・進学が出来ると決定した時に』という言葉を
忘れて、とにかく部活動を行えば、加点されると勝手に思い込むように
思われます。


これは違います。


部活動などの、生活面の加点は、あくまでも学業面での土台がある、
つまり、『進級・進学できる』基準の点数、成績を収めることが、大前提にあり、
それが取れていないにも関わらず、生活面での加点が、学業面に『補填』されると、
思い違いをしているように思われます。


どんなに部活動などを頑張ろうとも、
学業面で、点数、成績が取れていなければ、その時点で、
進級・進学はできません。


学校・先生側が部活動などを推進しているのは、あくまでも、
『モデルケース』として、昨今の成績上位者は文武両道を収めていることが多く、
また、収めたほうが、両方上手くいく傾向にあると言っているだけです。


それを裏付けるだけのデータがあるから、学校・先生側は強気でそう発言されるのでしょうが、
その光に対する、『影』のデータに関しては、ひた隠しにされています。


はっきりとしたデータを知っているわけではありませんが、昨今の私立校・中高一貫校において、
進級・進学できないのは、圧倒的に運動部の方です、それもチームスポーツの運動部の方です。


まさにワンフォーオールの精神なのかもしれませんが、自分の進級・進学、進路を犠牲にして、
3年間、部活動に専念し、チームを勝利に導いて、自分“だけ”が、学校を去るという美談のように
なっております。


まぁ、一昔前までは、私立校・中高一貫校で進級・進学できないのは、文武において、
『どちらもできない』という方が、多かったと思いますが、今は『武』に長けてはいるものの、
散々『文』をサボった方が、使い捨てのように学校から追い出されているように思えます。


この問題は、後々の進路、人生にまで発展することになるとは思いますが、
今は、これこそが教育のモデルケースとして、浸透し、
子供達の可能性、主張、未来・将来を一切否定せず、最後まで、ギリギリまで
待って応援するのが、『正』となっておりますので、光り輝く人もいれば、
色濃く影になっていく人もいるのも致し方ないのかもしれません。


何度もうるさく書いておりますが、受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校において、
こうして進級・進学できなかったということは、後々にまで影響することになります。


なぜなら、多くの友人知人は、『理想(だった)の自分』を体現しており、そして今はそれを、
面白おかしく発信し、伝えてくるわけですから、その道を外れてしまった自分のことを、
どう思うのか、思えるのか、計り知れません。


あの時、あの判断、決断をしておけばという後悔を、
これは親御さんもすることになるかもしれません。


昔であれば、そこまで情報機器も発達していませんでしたから、
離れてしまった友人知人のことなど風の噂で聞く程度でしたが、
今は嫌でも耳にする、目につくようになっておりますので、
そのことがまたより自分を追い込むことになると思います。


長々と“まだまだ”『そんなありえない』未来の話をさせて頂きましたが、
一回一回のテストの点数、成績によって、進級・進学が、進路が決まっていく
私立校・中高一貫校においては、徐々にその道に行く『可能性』もあるということを、
心しておくことをオススメします。


そして、いつ、どのタイミングで、自分が、お子さんが『後悔』しないかの
判断を、決断をするのか、これは親御さんもよく考えてみることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆

立教専門塾池袋栄冠ゼミ

平成教育創造塾シリウス

公立・私学中高一貫校生専門塾アルファ

自習空間シリウス(時間制自習室)

【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】私立校・中高一貫校生 中学1年生の勉強の仕方

【電子書籍】私立校・中高一貫校生 中学2年生の勉強の仕方

【電子書籍】私立校・中高一貫校生 中学3年生の勉強の仕方

【電子書籍】私立校・中高一貫校生 高校生の勉強の仕方

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テスト勉強開始? | トップ | 中間テストは力試し? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。