スパイクバスターズな生活

てんかん外科医として発作と戦う日々...
でも、ちょっとリラックスして脳の話をしよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

てんかん外科でもうまくゆかないときは?・・・新しい夢つぎつぎ・・

2010-07-29 | Weblog
以前もこのブログでも説明しましたが、薬で治らないてんかんは、手術で治すという手が推奨されるようになりました。私もその手術をする一人です。てんかんの引き金になっている悪い部分”てんかんの焦点”を手術で切り取るのです。これで8割くらいの方は良くなります。でもそれでもだめなときは?手術で切り取ると麻痺などの重い後遺症を起こすところに焦点がある場合は?世の中、いろいろとうまくゆかない場合もあるのです。その . . . 本文を読む
コメント (4)

てんかんの新薬にまつわる話題 -- drug lag とは何か?

2010-07-21 | Weblog
この2年間てんかんの新薬が次々に承認されています。今回はさらに踏み込んだ内情がテーマです。 . . . 本文を読む
コメント (5)

てんかんのo薬と妊娠:その3

2010-06-10 | Weblog
てんかん薬表が一部の読者から評判が大変よかったので元気を出して進めます。 先日てんかんの薬物治療の講演会で、アメリカの先生が講演されて、その中で、妊娠可能女性にデパケン(一般名バルプロ酸)を処方すると答えるとアメリカ専門試験では落ちるそうです。ですから、アメリカでは一般的に公知の事実であるようです。もちろん日本でも事実は変わらないのでしょうが、・・まだ、認知度は満足できていません。 妊婦にあまり考 . . . 本文を読む
コメント (12)

てんかんのo薬と妊娠:その2

2010-06-08 | Weblog
てんかん薬を飲んでいるお母さんからは奇形が生まれる!!この衝撃的な言葉は世のてんかんをお持ちのお母様方の最大の心配の種となっております。でも、もちろん危険はあるものの絶対だめということはないんです。(なお、逆にお父さんがてんかん薬を飲んでいる場合はそれほど危険ではないとの見解が一般的です) そもそも奇形の生まれる確立は2.5%とされています。もちろん正常な母体からです。結構確立が高いと思いませんか . . . 本文を読む
コメント

てんかんのお薬飲んでて赤ちゃんはちゃんと生めますか?

2010-06-05 | Weblog
実は、妊婦に対するてんかん薬をどうするかという話題は常にてんかん学会の関心度の高さを誇っています。お母さんがてんかんの薬を飲むと奇形の赤ちゃんが生まれる確率が増えるのです。これを催奇性と言います。覚えておいてください。古い時代の産婦人科のお医者さんになると、てんかんの薬を飲んでるの?じゃあ赤ちゃん作っちゃ絶対だめだめ!という拒否反応をする先生もいるほどです。でも、決してあきらめてはいけません。 謙 . . . 本文を読む
コメント (2)