(映)ロックアウト

2016年10月18日 | 映画 レビュー



スピード感があって、迫力あるも重すぎずセンス良く、スタイリッシュな雰囲気で作られている。
しかしながら、全編を通して、軽口たたくセリフ回しにはウンザリ。
この手の映画、なんとなく観終えたという感じであり、自分としては、どうにも受けつけられなくなっている。
単なる娯楽に終わる作品。
心には残らず、ジャンキーフードのようで胸やけする。



2020
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (映)小さな巨人 | トップ | 休日返上の土曜日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL