(映)ひめゆりの塔

2016年10月14日 | 映画 レビュー


1995年の作品。
3作品目の鑑賞で、前作同様に商業主義的な出来である。
リアリティさが、全体を通してスポイルされている。
しかしながら、僅かながらでも収容所のシーンまで描いている点は、幾分か評価したい。
これまででは、1968年の作品が圧倒している。
あとは、最初期の1953年の作品を残すのみ。



2016
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (映)デッドプール | トップ | (映)柳生一族の陰謀 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL