エイジ の 「ひとりたのしむ」 

表現に関するひとりよがりな活動情報や意見など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

案内(新人公演)

2011-10-22 11:15:26 | 踊り

ご無沙汰しております。
1年ぶりのソロ公演に挑みます。
中野テルプシコールの「舞踏新人シリーズ」に挑みます。

 これまでの踊りに

   ひとつのけじめ

      ひとつの挑戦

ご高覧頂ければ幸いです。

11月12日(土)19:00~

テルプシコール(中野)『舞踏新人シリーズ第41弾』
 中野駅徒歩7分

オオナカエイジ独舞「優雅な情景」

前売1800円 (当日2000円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ソロ公演案内】東京バビロン企画(ニジンスキーな海辺で)12月28日

2010-12-20 22:50:55 | 踊り

このたび、機会を頂き、3年ぶりに踊りソロに挑みます。
フツフツと苦しみながら楽しいこと考えてます。
お立会い頂ければ幸いです。

 
東京バビロン企画「ニジンスキーな海辺で」

オオナカエイジ ソロ公演 「空虚な太陽」

日時:12月28日(火) 19:30~ (第2部にて)

会場: ピット北区域(03-3927-5482)
   北区王子1-13-18不二泉ビル〔地下王子駅駅前(北とぴあ向い)〕

ご連絡頂ければ、前売り(2000円)にて

詳細はhttp://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/black_29.htm

ご予約・ご連絡

オオナカ エイジ (eijispirit★gmail.com)  090*9601*9401

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10.14「白痴」726

2010-10-14 23:50:58 | 観劇、鑑賞
坂口安吾作
「白痴」の舞台を観劇。

純文学作品の演劇作品でありながら
オリジナルの時代背景が古さを感じさせず、
今の時間軸でも素直に入っていっちゃいました。

出演者それぞれの
個性がうまく引き出ていて

「白痴」という作品の
芯を常にかすめているところが
見ごたえありました。

原作を読んでいないので、
是非ゆっくり読んでみたいです。


10月14日~19日
 下北沢OFF・OFFシアターにて
 726 公演 坂口安吾「白痴」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.6森末由美子展(INAXギャラリー)

2010-03-22 22:36:34 | 美術
ぶらりと立ち寄ってみましたが、
いつもINAXギャラリーの展示は、心地よいですね。

森末由美子さんの作品は、
辞典が浜辺の砂城のように風化したり、
歯ブラシの毛が伸びたり、
ありえないことが、なぜか不思議と
ありえそうなバカバカしさがあり、
とっても心地よい空間でした。

こんなスタンス、大好きです。

森末由美子展
http://www.inax.co.jp/gallery/contemporary/detail/d_001560.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.20藤井マリ 「緑夜」

2010-03-01 20:32:58 | 踊り
藤井マリさんのソロ舞踏(テルプシコールにて)
 
緑色の光の空間に、ジャージ姿から着替えたワンピース姿の彼女が現れる。
やや逆光の状況でかえってシルエットがきれいに映える。
とてもすっきりしていて表情がなくても十分に踊りを感じさせてくれる。

緑の空間から背面の斜光の空間に
だんだんと情景が変化して劇場全体が展開していく感じ

彼女が前に移動してくるとフロントからのライトが入り
実際以上に距離がとても近く感じられて
さらに彼女の表情もはっきりとして緊張感が生まれる。

時に突拍子もない意外性に期待することもある彼女の踊りですが、
今回は、ゆとりと落ち着きを感じられて、そこに居続けて存在する。


最後、ノリの良い音楽に併せて彼女も自由に動き出す。
だんだんと激しくなる彼女の動きに踊りを心底楽しむことと誠実さを感じて
すごいな~と思う。

テルプシコールの空間をとてもうまく生かしている構成でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.11(映画日本橋)

2010-02-13 14:07:38 | 観劇、鑑賞
2月11日 休日

東京近代フィルムセンターにて

アンコール特集:1995-2004年度の上映作品より

『日本橋』 市川崑 監督



http://www.momat.go.jp/FC/fc.html


泉鏡花の原作を脚本化

昭和の2大女優 淡島千景 山本富士子 さんの色っぽさが素敵

一般世俗から離れた芸者世界さらにドロドロさせた感が
うまく映画で表現されていて
昭和の映画はやっちゃってますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さるフェス2010(その2)

2010-01-29 00:13:12 | Weblog

日記の続き
まだまだつづく「さるフェス」

2025 「パンチの効いたブルース」(熟女)
 
ドラムの女性の迫力が素敵でした。

2100 「マキタスポーツ」(お笑い)
 グループでのが多い中で、ソロでの場所の存在感がかっこよかった。

2540 「BLACK CLIMSON」(へビィーメタル)
 
そろそろ体力的には疲れたころでしたが、
 BLACK CLIMSONでいっきにボルテージ揚がりました!!
 
キャサリンさん、素敵!!殺されたいです。

26:15 「パラダイス山本&東京ラテンムードデラックス 
 フューチャリング 園田ルリ子」(マンボ)
 懐かしいマンボのリズムが、とても新鮮でさわやかでGOODでした。

2650  親戚(宴会ロック)
 
オーラスです。ドンちゃん騒ぎも、カラ元気でハイになる。
 いや~満腹でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さるフェス2010(その1)

2010-01-27 00:05:28 | Weblog

しりあがり寿プレゼント「さるはげロックフェスティバル2010

http://www.saruhage.com/sarufes/

恒例になっているらしい、漫画家の「しりあがり寿さん」新春ロックイベントに行ってきました。

たくさんあったので、気になったイベントのみチョイスしてます。

1600 スタート
 
まだ昼間なのに会場は、深夜のクラブ、ライブハウスのようですが、
 なんとなく客層は落ち着いた雰囲気で長丁場をゆったりと
 
味わうような雰囲気です。

     1610 桜井美理 &アーバンギャルズ (エレクトフォーク)
 いよいよ最初のグループ。
 
桜井美理さんがとってもかわいくて、
 脇のメンツ3人アーバンギャルズの抜けた感じで
 このイベントがスタート。
 
先が期待できます。

1720 スイマーズ(ロック)
 エネルギーが溢れ出し、元気をもらいました。
 生パフォーマンスの醍醐味です。

1905 サイモンガー・モバイル(最小規模ファンク)
 
今回のライブで一番の個人的ヒットです。
 
小さな機材でノリノリのマクロDJ(?)、サイモンガー・モバイル
 
音楽的センスと詩の楽しさがとてもマッチングしていて最高です。
 
是非、チェック!!!
http://www.kinet.or.jp/simonger/

1950 「谷川 俊太郎 賢作 さんの親子ジョイント」
     (ポエトリーリーディング&ミュージック)
 
谷川俊太郎 自らの詩の朗読は力の抜けたすごく自然で
 心地よく耳に入ってくる。
 
80歳ちかくでまだまだ若い俊太郎さんに会場のみんなが
 心穏やかになり、たのしくなり、一体感のあるライブでした。
 
最高!!
 もちろん、自然な健作さんのキーボードとの
 コラボレーションとの相性もさすがです。

つづきへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12.6 山海塾「卵熱」

2009-12-10 23:01:51 | 踊り

12月6日 東京芸術劇場 中ホール

踊りを見るのが好きですが、
実は山海塾、大駱駝艦など舞踏の王道的なものは
あまり観てませんでした。

今回、「フェスティバル東京」にて山海塾「卵熱」<WBR>の再演を行われ、
見に行ってきました。
チラシの印象からうけるスッキリ感といい、開演前から期待十分。
久々の大規模な会場での観劇。
2階の客席でしたが、逆に全体が見渡せる。

全体の構成や
個々の踊り手の動きや関係など
本当に洗練されていて
不安な要素は感じさせず、
ポイントでの見せ場がしっかりしている。

踊りの公演としてとても成立しているし、
とても上質なエンターテイメントであると感じました。

遠くから眺めてもとても綺麗で新鮮な感動です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.14アフリカンドラム「ニテテ」

2009-11-19 23:13:01 | 観劇、鑑賞

吉祥寺の「アフリカ大陸」というバーにて。
アフリカンドラム奏者「ニテテ」のライブ。
アフリカ人の時間の使い方、人間関係の作り方に、
とても大陸的な大らかさを感じる。

併せて
先日、アフリカ ブルキナファソの
『音楽と都市形成』についての
シンポジウムを聞いた際の言葉が思い出された。

「アフリカ人は外国人が創造するアフリカ的なものを行うことで
みずからのIdentityを形成する(できる)」
たしかにアフリカンドラムを聴いてアフリカ的だと瞬時に
感心してしまうのは不思議なものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加