英語脳を作る 「コミニカ中学英語基礎編」

英語の発想はシンプルで合理的なもの、順列組合せで場面や状況に応じた表現が簡単にできます。

第3クールどうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 20/90

2017-03-15 15:06:34 | どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか


【どうして日本人は英語が話せない?】

この季節になると、全国展開の塾の夏期講座のコマーシャルが盛んだ。
私も昔、塾を経営したことがあるので多くの子供たちを迎えた経験がある。特に英語という教科は一度「落ちこぼれ状態」になると、それから這い出ることは困難だ。
なぜこんな状態になるのか、それを説明するのは簡単だ。この塾のコマーシャルをご覧になればすぐわかる。英文の丸暗記がその授業の中心だということ。タブレットなどの音声をつけてもダメだ。

言葉というものは、英語に限らず「片言」、つまりワンフレーズ表現で獲得していくものだ。そんな常識をこの塾のコマーシャルがいとも簡単に無視していることがわかる。
こんな言葉の習得を無視した教育を受けたものは、「よくセリフを丸暗記しましたね」というだけのこと。それができなかったものは、「英語落ちこぼれ」の烙印を押されることになる。
私が、「コミニカ中学英語基礎編」という教材を開発したのは夏休みを前にして「英語がわからなくなった生徒たち」の存在があったことを思い出す。
もちろん、この教材の発展形がファンクションメソッドということだ。

 文部科学省は24日、「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る中学3年の2016年度英語力調査結果速報を公表した。中学卒業段階で英検3級程度以上の英語力を持つ生徒の割合を17年度までに50%以上にするという政府目標を達成したのは「書く」の50・8%だけで、残る3技能は20〜30%台。文科省は「昨年の傾向から大きな変化はなく、『書く』も上位層と下位層の差が大きいなど課題がある」としている。
毎日新聞より転載

冗談でしょう、と言うのが私の卒直な感想です。つまり
中学卒業段階でほとんどの子どもたちが「落ちこぼれ」という。この子たちが高校に進んでも改善されないことは予想されます。そこで「小学生から英語教育」という。どれだけ犠牲者を作るだろうか?

【今日の学習】


今回も、以下のことについての学習です。申し訳ないですが、音声は省略しています。
 今回は上にあげたbe動詞系列(4) 補語が前置詞+名詞の運用トレーニングとなります。
もちろん、これにおける現在形、過去形、未来形、現在完了形でのトレーニングです。
あなたの頭に英語脳は構築されているでしょうか。
つまりbe動詞系列における現在形、過去形、未来形、現在完了形という4つの「英語の九九 ファンクションフレーズテーブル」です。これらのテーブルがあなたの頭の中で蓄積されているでしょうか。
語学学習には、トレーニングは欠かせません。いくら黒板に書かれたような「しくみ」を眺めていても、「ことば」といったものは身につきません。この本では日本文をそのまま英文に変換する作業を求めていません。英語発想に従って実際に自分の声を出して英語を生産することが必要です。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル
 be動詞 現在形


table-1 

第3章 be動詞でこれだけ表現できる
 01 ネイティブは方位や空間でものごとをとらえる
 ドリルNo.28 「恋をしてるのよ」
   イメージしてください!
 (1) be at work 仕事中よ
 (2) be at school   学校にいるよ、授業中よ
 (3) be in trouble  困ってるよ
 (4) be in love  恋をしてるよ
  略
 (8) be on a diet    ダイエット中よ
 (9) be at a meeting    会議中よ
 (10) be on the phone   電話中よ

言うまでもなく、テーブル[GROUP-A]を使っての肯定表現、テーブル[GROUP-B]を使って否定表現、[GROUP-C]を使って疑問表現、さらに[GROUP-D]を使って否定疑問表現ができます。
 You are in love with someone. 誰かに恋してるんだね

 Are you in love with anyone? 誰かに恋してるの?
 Yes. I am in love with Tom. トムに恋してるのよ
 No. I'm not in love with anyone. 誰にも恋をしてないよ
CHART 1は肯定表現
  I am on a diet.
  She is on a diet.
 略
CHART 2は否定表現
  I'm not on a diet.
  She isn't on a diet.
 略
CHART 3は疑問表現
  Are you on a diet? ダイエットしてるの?
  Is she on a diet?
 略
CHART 4は疑問表現 ※受講生専用のページに続く。
  Aren't you on a diet? ダイエットしてないの?
  Isn't she on a diet?
 略
以下は、過去形と現在完了形のドリルですが、[GROUP-A]を使っての肯定表現、テーブル[GROUP-B]を使って否定表現、[GROUP-C]を使って疑問表現、さらに[GROUP-D]を使って否定疑問表現となります。
具体的なドリル、発想トレーニングは省略させていただきます。

 ドリルNo.29 「電話してたよ」 be動詞過去形の運用です
 Were you on the phone? 
 Yes. I was font color="red">on the phone
. 

 No. I wasn't on the phone. 

ページ数の制限から本では未来形を省略しています。
オンライン受講者には専用の「ナビゲータルーム」に説明を載せておきます。

 ドリルNo.30 「インフルエンザですっと寝てるのよ」 be動詞現在完了形の運用です
 Have you been in bed with flue?
 Yes. I have been in bed with flue. 
 No. I haven't been in bed with flue. 

次回は、第3章 be動詞でこれだけ表現できるに進みます。
 02 ネイティブは動詞を簡単に変化させて簡単に表現する

 でも、be動詞のイディオム、進行形。受身形もすべてbe動詞系列の運用だから簡単です。

このブログは、「ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP1 [九九]のように覚える英会話』」に準拠しています。

  ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座

このブログは、「ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP1 [九九]のように覚える英会話』」に準拠しています。

オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となります.
このブログはiOS (iPhone)、Android (Mobile)で閲覧に強いことで知られています。
受講者の方は今までお伝えしたシーサーブログのIDとpasswordを使って使用してください。但し、シーサーブログの記事はそのまま使用していただけます.

 http://jet2020.blog.so-net.ne.jp/

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。

オンライン受講の方にはすべての動画を公開としています。

 https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97715971


教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」は以下の教材を購入された方に閲覧していただけます。

 ◉ ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞(HTML版)
 ◉ ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ コミニカ中学英語 Aセット
 ◉ コミニカ中学英語団体使用
 ◉ コミニカ中学英語Bセット
 ◉ ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5
 ◉ 英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版
 ◉ ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版


[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会
ジャンル:
学習
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3クールどうして3ヶ月で... | トップ | 第3クールどうして3ヶ月で... »

あわせて読む