ドラマのなかのニューヨークで英会話ーO・ヘンリーのニューヨークから100年後の世界

ニューヨークが舞台となった海外ドラマ「ホワイトカラー」(White Collar)の台詞の意味を調べながら英語を学びます

happily ever after isn’t for guys like us(ホワイトカラーS1_EP14「運命のオルゴール」)その3

2016-10-15 | ホワイトカラー_S1_EP14
『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード14「運命のオルゴール」から、ニールがモジーにアレックスから手に入れた情報を話しているシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)


[モジーとニールはオルゴールの盗み方について話している]
モジー:A consulate? Oh, great, an international incident. Look, I don’t want to end my days in some underground prison adopting cockroaches as pets.(領事館? なんと、まあ、国際問題だ。いいかい、僕はどっかの地下牢獄でゴキブリをペットにしながら、人生の最後を迎えたくないね)
ニール:It’s the Italians Moz.(イタリアだよ、モジー)
モジー:They do prison just fine. Ask Galileo.Can we do it without Alex?(奴らは投獄を本当によくやるんだ。ガリレオ・ガリレイに聞いてみてくれ。アレックスなしでやれるのかい?)
ニール:No. She won’t tell me which safe it’s in.(無理だ。俺にどの金庫のなかにあるのかを話さなかった)
モジー:She was always a smart girl.(いつもながら賢い娘だね)
ニール:Yeah.(ああ)


“I don’t want to end my days in some underground prison adopting cockroaches as pets.” “adopting cockroaches as pets” 文法上、分詞構文の付帯状況か、“prison” を修飾している動名詞なのか判然としませんが(台詞の強勢から分詞構文のような気がします)、どちらにせよあまり意味はかわらないと思います。 “adopt” は「~を養子にする、引き取る」という意味があります。 “adopt a dog” といえば「野良犬を拾う、(保健所などから)犬を引き取る」といったニュアンスを帯びます。ペットショップで買う場合には、 “buy a dog” で「犬を買う」となります。あるいは、 “get a dog” と言い換えることもできます。

“They do prison just fine. Ask Galileo.” “just fine” の “just” は “fine” を強調していて「たいへん良く、まさにぴったり」となりますから、 “do … just fine” は「~をうまくやる」というニュアンスでしょう。ただし、prison(投獄、幽閉)は悪い意味で使われていますので、皮肉になっています。「(不当な監禁を)うまくやってしまうんだ」といった感じです。ガリレオ・ガリレイが地動説をめぐる異端審問で有罪になって監禁されてしまったことをふまえたフレーズでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モジー:All of this is moot anyhow. The suit isn’t gonna let you out of your anklet anytime soon.(どちらにせよ、これは全部まるごと非現実的だ。近いうちにあの役人が君から足かせを外してくれる予定もないしね)
ニール:Not Peter.(ピーターじゃない)
モジー:Then who?(それなら、誰に?)
ニール:Fowler. If he wants me to get him the music box, he has to cut my anklet. He’s manipulated it before.(ファウラーだ。もしあいつがオルゴールを取ってこさせたいなら、俺の足かせを切るしかない。以前にもこれを操作していたしね)
モジー:OK. Let’s say he goes for it. Let’s say you get him the box. Then what?(なるほど。例えば、奴がオルゴールを狙っているとして。例えば、君がそれを彼に取ってやるとして。それでどうなる?)
ニール:What do you mean?(どういう意味?)
モジー:You give fowler the music box, and Kate comes running into your arms. You settle down, buy a fixer-upper, and then join the PTA?(ファウラーにオルゴールを渡して、ケイトは君の腕のなかに飛びこんでくる。身を固めて、ぼろい家を買って、お次はPTAに加入するのかい?)
ニール:Yeah.(ああ)
モジー:Neal, happily ever after isn’t for guys like us.(ニール、その後ずっと幸せに暮らしましたは僕たちみたいな人間のものじゃないよ)
ニール:It is this time. It is.(いまがそのときなんだ。いまが)


“All of this is moot anyhow.” “moot” は「議論の余地がある」という意味の形容詞ですが、特にアメリカ英語では「議論に値しない、現実味がない」というマイナスのイメージで使われることが多いです。ここでも、アレックスが参加するかどうかはさておき、計画全体に現実味がなく不可能、というニュアンスでモジーは言っています。

“The suit isn’t gonna let you out of your anklet anytime soon.” “anytime soon” は副詞で「近い将来、近いうちに」という意味です。ここでは、確定した予定などを表す現在進行形が使われていますから、今後ピーターがアンクレットを外す予定はなさそうだから、そもそも領事館に忍び込むことは不可能とモジーは言いたいわけです。

“Let’s say he goes for it.” “go for A” は「Aを狙っている、求めている」というイディオムです。

“You settle down, buy a fixer-upper, and then join the PTA?” “settle down” は「結婚して身を固める、定住する」というイディオムです。 “fixer-upper” は不動産の俗語で「リフォームや手直しをしないと、快適に住めない家です」雨漏りなどはするけど、住むには問題ないという家です。『アナと雪の女王』の挿入歌では、 “You can fix this fixer-upper up with a little bit of love.”(あなたはこの欠点だらけの男を、ちょっとばかりの愛情で直してあげられる)という歌詞があります。ただ、ここでの “fix A up with B” は多義的で「AをBで直す/AにBを用意してあげる/AにB(結婚相手)をみつけてやる」という3つ意味が掛かっています。現実的にも “fix A up with B” は場合によって3つの意味を使い分けます。 “join the PTA” はPTAに加入するですが、アメリカでは日本よりもPTAは大きな組織で様々な子供の教育活動に関わっていますし、親も活動により積極的です。

“happily ever after isn’t for guys like us.” “happily ever after” は童話やおとぎばなしの最後に使われる言葉で「めでたし、めでたし」という日本語に相当すると思います。ここでも「(王子様とお姫様は)その後、幸せに暮らしました」というニュアンスですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニール:Agent Fowler, extension 221.(ファウラー捜査官を、内線221)
女性:One moment.(少々お待ちください)
捜査官:Agent Fowler’s office.(ファウアー捜査官のオフィスです)
ニール:Tell him I’ve got information on the music box he requested.(彼が求めていたオルゴールに関する情報を仕入れたと伝えてくれ)
捜査官:Who is this?(あんたは誰だ?)
ニール:He knows. He can meet me at midnight, tomorrow.(知っているはずだ。明日の夜12時に会える)
捜査官:Where?(どこで?)
ニール:He’ll know that, too.(それもじきにわかる)
[電話を切る]
ニール:Too cryptic?(暗号的過ぎたかな?)
モジー:Where are you gonna meet him?(どこで奴と会うんだい?)
ニール:I’ll find a place.(場所を探すよ)

“extension 221.” “extention” は「内線番号」を示します。

“He can meet me at midnight” “at midnight” は「夜の12時」を一般的に指します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« I’m always up for a party(... | トップ | Yep, deviled ham(ホワイトカ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。