ドラマのなかのニューヨークで英会話ーO・ヘンリーのニューヨークから100年後の世界

ニューヨークが舞台となった海外ドラマ「ホワイトカラー」(White Collar)の台詞の意味を調べながら英語を学びます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Hot-wings guy?(ホワイトカラーS1_EP4「狙われた帰国」)その3

2017-07-28 | ホワイトカラー_S1_EP4
『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード4「狙われた帰国」から、FBIに来たエリザベスからピーターが事情をきくシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)

(エリザベスがピーターの部屋に入る)
ピーター:Have a seat, honey. So, why’s Dana here? Is she okay?(ほら、座ってくれ。それで、どうしてデイナがここに? 彼女は平気なの?)
エリザベス:No. It’s actually about her husband, John.(ダメそう。実際、旦那さんのジョンのことなのよ)
ピーター:Hot-wings guy? Remember, he made those hot wings at the barbecue, the Cooper barbecue, a while back.(バッファローウィングの彼か?ほら、バーベキューでバッファローウィングを作ってくれただろ。何ヵ月前か、クーパーのバーベキューでさ)
エリザベス:Right.(その人よ)
ピーター:Thought he was stationed overseas?(海外に駐留だったと思っていたな)
エリザベス:He finished his tour last month.(先月、任期を終えたの)
ピーター:What’s the problem?(何か問題が?)
エリザベス:Well, this morning, the FBI issued a warrant for his arrest.(ええ、今朝、FBIが逮捕令状をだしたの)
(ピーターがパソコンを操作する)
ピーター:Oh! All right. What’s the last name?(なんと!わかった。苗字はなんだっけ?)
エリザベス:Mitchell.(ミッチェル)
ピーター:Mitchell.(ミッチェル)
エリザベス:Some stolen gold or something in a storage shed. They think he brought it over. Dana came to me for help. She has no idea why he’s a suspect.(盗まれた金塊かなにかが、物置納屋にあったの。FBIは彼が運び込んだと考えている。デイナは私に頼ってきたの。どうして彼が容疑者になっているのか、さっぱりわからないのよ)
ピーター:I think I do.(そうは思わないけど)
エリザベス:Well, what is it?(え、どういうこと?)
ピーター:It’s gold artifacts from Iraq. Got his print all over the place, hair evidence. El, this doesn’t look good.(イラクででた黄金遺物だ。いたるところから彼の指紋が検出されている、毛髪も。エル、こいつは分が悪そうだ)

[語彙・文法解説]

“Hot-wings guy?”
“hot wing” は “Buffalo wing”(バッファローウィング)とも呼ばれるアメリカでポピュラーな料理です。ニューヨーク州のバッファロー発祥なので、この名前がつきました。チキン(主に手羽先)を油で素揚げして、甘辛ソースをつけた食べ物です。

“Remember, he made those hot wings at the barbecue, the Cooper barbecue, a while back.”
“a while back” は「しばらく前に」という意味です。 “some years back”(数年前に)、 “back in 2001”(去る2001年に)といった “back” と同じ遡るというニュアンスです。
“cooper” はおそらく名前だと思われます。クーパー・パークで行われたバーベキューや、クーパー家で開催されたバーベキューなどという意味ではないでしょうか。

“Thought he was stationed overseas?”
“be stationed overseas” 「海外に配置される」という意味です。人でも軍隊でも使われて、 “the U.S. Army is stationed overseas”(海外に駐屯しているアメリカ陸軍)といったふうに使われます。
“He finished his tour last month.”
“tour” は “tour of duty”の略で、「(軍隊における外地での)任務期間」という意味です。

“Some stolen gold or something in a storage shed.”
“shed” はCOBUILD英英辞典によれば、 “A shed is a small building that is used for storing things such as garden tools.”( “shed” とは小さな建物で、庭具などをしまっておくために使われる)となっています。庭などに置かれている小さな物置のイメージです。 “storage” も「貯蔵庫、保管庫、倉庫」という意味です。

“They think he brought it over.”
“bring A over” は「~を(国外から)呼び寄せる/ ~を引き渡す」という意味で、海外から持ち込むというニュアンスが含まれています。

“She has no idea why he’s a suspect.”
“have no idea”(わからない)は、このようにwh節をつなげて(as toやofが省略されている)、「~だかわからない」という表現として使えます。 “I have no idea (of) what she means” (彼女がなにを言いたいのか、さっぱりわからない)という感じで、非常に便利です。

“It’s gold artifacts from Iraq”

“artifacts” は「古代遺跡などから発掘された遺物、芸術品」といった意味でも使われます。基本的には「人工物」のイメージです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« That will be all..(ホワイト... | トップ | This can wait(ホワイトカラ... »

コメントを投稿

ホワイトカラー_S1_EP4」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。