湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

定型化した野菜の残滓・雑草の片付けと畝の移動・・・

2017年08月31日 |  7.雑草と除草

妻の実家の段々畑の野菜の残滓と畑に生えた雑草の片付け方法・・・。

いろいろ試行錯誤してきましたが、取った雑草を畑の片隅に積み上げておくのは一番下手なやり方でることは、2013年4月1日に帰郷・帰農してから5年間、身をもって経験しました。

いろいろ試行錯誤した結果、標高550mの湖南高原の段々畑や棚田で、野菜の残滓や雑草、マルチに使った稲わらを土に戻す一番いい方法は、図のやり方・・・。

使用するのは、KUBOTAの管理機TRS70USと草刈り機と熊手・・・。この方法で野菜の残滓や雑草を片付けて行きますと、畝を自然に移動したことになります。有機栽培・無農薬栽培の野菜の作り方を書いている本にはよく紹介されている方法ですが、近世農書にも出てきます。

山口に棲息していたとき、サツマイモとエンドウ・キヌサヤの栽培をするのに用いていた方法です。サツマイモを収穫したあとのツルと葉は、上記の方法で植え、新たな畝に豆類を栽培します。春になって、豆類を収穫したあと、豆のツルや矢を、上記の方法で植え、サツマイモの苗を移植します。相互に緑肥として使用するのですが、妻の実家のある湖南は、12月~3月までの4ヶ月間は雪に埋もれてしまいますので、秋野菜の収穫が終わる都度、野菜の残滓と雑草の処理のために上記の方法を使います。山蔭で日照時間が短く秋野菜ができない畑は、秋に入ると休耕にしますが、その前に、上記の方法で畝つくりをして休耕に入ります。

湖南では、除草剤をまいたあと、野菜の残滓・雑草はすべて大型トラクターで粉砕しながら土の中に混入してしまいますので、上記のようなまどろっこしいやり方はしません。あくまで、素人百姓の筆者と妻の、湖南の赤津村のプロの農家の方々からバカにされるやり方でしかありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜畑の畝幅を定式化・・・

2017年08月31日 |  1.農機具と農具

今年、妻とふたりで、野菜を栽培するときに畝幅をいろいろ験してみました。目的は、栽培する野菜別に畝幅を変えるのをやめて、畝幅を一定にすることができないかどうか・・・。

その結果、KUBOTAの超小型トラクターB6001で耕耘したあと、同じくKUBOTAの管理機TRS70USを使って畝つくりをするときの、管理機を走らせる間隔を120cmに決めることにしました。それを基本にして、

1.平畝
2.高畝
3.かまぼこ型畝
4.マルチを張る畝
5.トンネルをつくる畝
6.マルチとトンネルの畝
7.キュウリ支柱の畝

を、栽培する野菜に応じてアレンジして、畝つくりをすることにしました。

管理機を走らせる間隔を120cmにしたのは、

1.管理機TRS70USの性能
2.筆者と妻の体格(除草・土寄せ作業が楽にできるように)
3.手を広げたときの親指から小指の幅がちょうど20cmであるため(6回測れば120cm)
4.マルチを張る時、畝立鍬で簡単に作業できる(従来の作業の3分の1の時間と労力で可能)
5.畝と畝の間の草刈りが楽になる(畝と畝の間は平)
6.収穫後の野菜の残滓・雑草は、畝と畝の間を深くほって埋め堆肥を加えて管理機で土をかける(畝を移動)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

午後、野菜畑の草刈り・・・

2017年08月31日 |  7.雑草と除草

午後2:00~4:00まで、野菜畑の草刈りをしました。

妻の野菜栽培法、最初は、有機栽培・無農薬栽培だったのですが、最近は、どちらかいいますと、<自然農法>に傾きかけているような感じがします。雑草の中に野菜をつくっているのか、野菜の中に雑草が侵入してきたのか、判然としない野菜畑がたくさんあります。

収穫したあとのカボチャ畑の草刈り・・・、草丈の上から下に向かって10cmきざみで刈り払い機で刈って行きます。すると、採り忘れたカボチャが姿をあらわすことがあります。10cmきざみで草を刈っていけば、採り残したカボチャを刈り払い機の刃で傷つけることはありません。雑草を下から薙ぎ倒すように刈って行きますと、採り忘れたカボチャは刈り払い機の刃で大きく傷つけられてしまいます。

<そこは、もう収穫したあとだから、全部刈って・・・!>、<そこは、雑草の中に隠れているけれど育っているから刈らないで・・・!>、吉田農園の農園主である妻の指示通りに草刈作業をしていきましたが、予定していた草刈りをし終えますと、妻は、<これで、すっきりしたわ!>と、とても喜んでいました。

雑草とエダマメが混然と一体化している野菜畑で、刈り払い機で、エダマメだけを残しながら雑草だけを刈り取っていく作業・・・、今日の草刈りでその方法をマスターすることができたかもしれません。

今日の草刈りで使用した刈り払い機は、<M.I.Kの岩間式ミラクルパワーブレード>、<草刈名人・登仁角・熊手いらず>と<Zizlizer>を装着したZENOAの草刈り機BC2310EZ・・・。田畑の草刈りは、この組み合わせに限ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の米の作柄概況・・・

2017年08月31日 |  5.農政と減反政策



2017年産米の作柄概況です。<平年並み>か平年より<やや良>のところばかりで、都道府県単位でみますと、今年は、心配されていた、低温・日照不足による冷害被害を受けた都道府県はひとつもなさそうです。

ただ、標高550mの湖南高原の棚田の田で、有機栽培・無農薬栽培で、ひめのもち(早稲)、はえぬき(中稲)、コシヒカリ(晩稲)の栽培をしている素人百姓の筆者と妻の田では、低温・日照不足の影響は避けることができないようです。特に、8月中旬に出穂期を迎えたはえぬきは、例年より生育が7~10日遅れています。

日本全国、<平年並み>か平年より<やや良>の中、ひとり、妻の実家の田だけ冷夏の影響を受けて、昨年並みの収穫にはるかに及ばなかった・・・ということになる可能性は少なくありません。湖南だけでなく、福島県、あるいは日本全国のプロの農家の方々からものわらいの種になりかねません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖南の赤津村の農家の方からの質問・・・

2017年08月31日 |  1.山里暮らし

今日、妻の実家の棚田の田で、気温や水温をはかっていたとき、農道を、湖南の赤津村の農家の方が通られました。それで、しばらくたち話をしました。そのプロのの農家の方から、素人百姓の筆者に語りかけられた質問は、全部で4つ・・・。

1.吉田さんの田だけ、どうして電気柵をはらねんだ?
2.吉田さんの田だけ、どうしてコシヒカリが採れんだ?
3.吉田さんの田だけ、どうしてカメムシ被害にあわねんだ?
4.吉田さんの畑では、どうしてカラスの被害にあわねんだ?

それで、筆者、その農家の方にていねいに説明・・・。他の赤津村のプロの農家の方々のように、筆者を誹謗中傷したり、罵詈雑言をあびせかけたりされる方ではないので・・・。4つの問いに対する答えは、何度もこのブログで書いてきたことなので、再言及することはやめますが、その農家の方、自給自足用に栽培しているミニトマトがカラス被害にあって大変なのだとか・・・。それで、筆者、その対策法を伝授・・・。妻が栽培しているミニトマトを1個、試食用に、<農薬・除草剤は一切使っていませんから、どうぞ!>と手渡し、ついでに筆者も1個試食したのですが、その農家の方、<やわらかくてあまい!このミニトマト、美味えなあ!>と話しておられました。

帰って、妻にその話しをしますと、妻は、<「最近、A子ちゃんのつくったミニトマトは美味しい!」といってくれるひとが増えてきたのよ!>とうれしそうに話していました。

自然農法まがいで栽培している、筆者の妻のミニトマト、筆者も美味しいと思うのですが、化学肥料・農薬・除草剤を多用したトマトの味がほんとうのトマトの味であると思っている、湖南の赤津村のプロの農家の方々からの評価はあまりよくありませんが、野菜直売所・湖南四季の里を通じて、妻の栽培する野菜の愛好者が増えて行っていることはいいことです。素人百姓の妻にとっては、妻が栽培した野菜を「美味しい!」と評価してくださる方がおられることは、やりがい、いきがいの源泉・・・?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の真昼の棚田の気温と水温・・・

2017年08月31日 |  2.微気象

今日の午前中、隣村の半澤医院の歯科で治療を受けました。

その帰り、標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田によって、11:30ころの、気温と水温をはかってみました。

ポケット気象計で、気温は28.4℃、赤外線温度計で、農業用水路の水温は16.2℃、温水田の取水口では、18.4℃、温水田からコシヒカリの田への給水口では、26.4℃・・・。つまり、温水田を経由した農業用水路の水は、今日は太陽の日差しを浴びて、10.2℃上昇し、コシヒカリの田に注がれるときは、26.4℃になっていることをしめしています。

妻は、<あなたは、きめこまかく温水田を使って水管理して田の水の温度を上げたり、日照不足対策としてCxHxOx を散布したりしているから、ひめのもちもはえぬきもコシヒカリも、みんな元気出してくれてるのよ、きっと・・・>と話していました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに美味しいスイカを食べる・・・

2017年08月31日 |  1.百姓暮らし

今朝、妻が、スイカを1個採ってきました。

朝食前と朝食後に食べたのですが、とても美味しいスイカ・・・。糖度計で測定しますと9でしたが、食べたあとのさわやかなあまさと香り、こんなに美味しいスイカを食べたのは久しぶりです。やはり採りたてのスイカは、美味しい!

昼食後には、湯がいたトウモロコシを食べましたが、こちらもとても美味しいトウモロコシでした。

今年は冷夏、低温と日照不足がわざわいして、収穫時期が遅れた野菜も少なくありません。スイカ、トウモロコシもそのひとつ・・・。

素人百姓の<役得>は、収穫したての野菜や果物を食することができること・・・。自然に完熟した野菜・果物は、それが、素人百姓の有機栽培・無農薬栽培でつくったものであったとしても、とても新鮮で美味しい!<自己満足に過ぎない>といわれれば否定することはできませんが、そんな自己満足が言葉になって出てくるほど、自給用に栽培した有機・無農薬の野菜・果物は美味しい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日照不足の影響は限定的・・・?

2017年08月31日 |  2.微気象

今朝の福島民報にこんな記事が掲載されていました。

<本県コメ「やや良」の見通し
2017年産作柄13道県は平年並み

農林水産省は30日、2018(平成29)年産コメ(水稲)の8月15日現在の作柄概況を発表した。本県は全域で「やや良」となる見通し。・・・懸念された東日本の天候不順の影響は限定的だった。>

しかし、<東北農政局は8月以降に続いている日照不足の影響について、9月に予定する次回発表に反映させる方針>であるとか・・・。

標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田のひめのもち(早稲)、はえぬき(中稲)、コシヒカリ(晩稲)は、<生育不良を招きやすい穂が出る前の時期>が、<8月以降に続いている日照不足>と重なったため、<生育不良>の状態にあります。特に、はえぬきは異変・・・。いつもは、はえぬきの穂がたれはじめたころ、コシヒカリが出穂揃いの時期を迎えるのですが、今年は、コシヒカリの方が成長が早い・・・。低温と日照不足による冷害被害をもっとも受けたのが中稲のはえぬき・・・。

福島県のブランド米<天のつぶ>は、低温にも強く、冷夏でも品質のいい米が多収できる品種とか・・・。出穂期も<ひとめぼれ>とほぼ同じ・・・。<はえぬき>は、一般的には<ひとめぼれ>と出穂期が同じですが、妻の実家の<はえぬき>は、湖南の赤津村の<あきたこまち>や<ひとめぼれ>、<天のつぶ>より2~3週間遅れて田植えをしていますので、今夏の低温・日照不足の影響を受けたのは、8月中旬に出穂期を迎えた<はえぬき>だけのよう・・・。

妻の実家の棚田の田のはえぬき、<はえぬきさん、がんばって!>と声援を送らなければ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜は、冷たくて激しい雨が降る・・・

2017年08月31日 |  1.湖南の天気



昨夜は、ずっと、冷たくて激しい雨が降っていました。

昨日は、福島県全体に低温注意報が出ていましたが、昨日の朝、素人百姓の筆者ができる<低温>対策と<日照不足>対策をとりました。妻の実家の棚田の田、<耐冷性>を見に浸けさせるために、彼岸の中日から冷たい水に1ヶ月間浸種していますので、少々の冷夏には耐えることができると信頼しているのですが、何分、素人百姓の筆者に耳には、コシヒカリやはえぬきの声が聞こえてきません。

今朝は、すっかり雨がやんで、午前8:00過ぎには、一部に青空が見えて、あたたかい日差しが差し込んでいました。

朝早く、棚田と段々畑にでかけた妻、帰ってくると、<あなた、コシヒカリ、穂が垂れ始めたわよ!今年、低温と日照不足の影響を受けたのは、はえぬきだけみたい・・・。>と話していました。田に水は十分行き渡っているようですが、今朝のOCNのHPの天気予報では、晴れマークはついていませんので、今朝の青空は一時的なものでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書庫の蔵書を整理する必要がありそう・・・

2017年08月30日 |  4.読書

これで最後、これで最後・・・、と思いながら、ずいぶん、古書を集めたものです。

今、筆者の書斎や寝室に置いてある本は、2013年4月1日、妻の実家のふるさと・湖南に帰郷・帰農したあとで入手したものばかり・・・。1.岩瀬書店で購入した新刊、2.インタネットの日本の古本屋さんで購入した古書、3.同じく田舎の本屋さんで購入した新刊、4.BOOKOFFで入手した中古本・・・。

山口から持って帰った蔵書は、書庫に保管したままですが、もう一度整理し直して、現在役立つものとそうでないものに分類し、役立ちそうな本は、すぐ読める状態にしておく必要があります。BOOKOFFで購入することも、これからは少なくなりますので、筆者の、これからの人生の晩年の読書は、すでに入手した範囲内ですますことになります。読書は、本との出会いですから、出会いは大切にすることにします。

今日、岩瀬書店に行ったとき、その医学書と、筆者がインターネットの日本の古本屋経由で集めたりBOOKOFFで安価に入手した医学書を分野別に比べてみました。当初1960~1970年代の医学書を集めるつもりでしたが、集めた医学書は、もう少し幅があって、1960~1990年代の医学書になりました。新しい版をみますと、<旧版を全面的に書換えした・・・>との表現も少なくありませんが、基本的な部分はそれほど変わってはいないでしょうから、入手した医学書で十分・・・。

これまで集めた3,000冊の蔵書を、体系的に整理しなければ・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩瀬書店とBOOKOFFに立ち寄る・・・

2017年08月30日 |  4.読書

郡山にでかけたついでに、岩瀬書店とBOOKOFFに立ち寄りました。

岩瀬書店でながめたのは、医学書コーナーの専門書・・・。読んでみたい医学書がいっぱいありました。しかし、どの医学書も高価・・・。年金暮らしの、日本基督教団の隠退牧師が入手できる類の本ではありません。岩瀬書店で購入したのは、医学書コーナーではなく、健康本コーナーの『歯科治療の大疑問』(@1,300円)という<別冊宝島>・・・。

<医院数70,000軒が生んだ厳しい現実と広がる格差
インプラント、ブリッジ・・・保険外高額治療誘導で荒稼ぎ
開業資金6,000万円も返せない!5人に1人が年収300万円
虫歯は「生かさず殺さず」で食いつなぐ前時代形医院

技術不足の歯科医にあたると数年後に歯周病発生の悲劇・・・
現場に救う錬金術
「治したい!」けど治らない現実
疲弊する歯科医たち>

BOOKOFFで購入したのは、『鉄道唱歌』(@510円)・『アジアの中の日本と中国』(@200円)・『軍事大国化する中国の脅威』(@108円)の3冊・・・。BOOKOFFには、もう筆者が読んでみたいと思う医学書はすっかりなくなりました。あるのは、看護・理学療法・介護に関する価格の高い本ばかり・・・。医学書が@108で入手できる季節はすっかり遠ざかってしまったようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島県全域、低温注意報・・・

2017年08月30日 |  1.湖南の天気



今朝8:00、妻の実家の棚田の田の様子を見にでかけました。ポケット気象計では、気温は22.0℃、赤外線温度計では、農業用水路の水は、15.2℃、はえぬきの田の水温は、20.4℃・・・。

今日は、妻の実家のおかあさんは、デイケアへ・・・。妻は、野菜直売所・湖南四季の里の店当番へ・・・。筆者は、妻に頼まれた農業用資材や食材を買いに郡山へ・・・。ついでに、郡山に住んでいる娘のアパートによって、朝収穫した、大玉トマト、ミニトマトなどを置いてきました。

その途中、ラジオをつけていたのですが、天気予報で、今日は、福島県全域に低温注意報が出されていると報道されていました。

低温注意報がだされたとき、農家は、どういう対策をとることになるのでしょうか?今朝、棚田に行ったとき、日照不足対策のために用意していた<有機物>を1袋、温水田に散布しました。植物が光合成をするときに発生する途中の物質・・・。今日、援農ショップ・グラントマトへ立ち寄ったとき、ついでに、この<有機物>を6袋購入しました。どれだけ効果があるかはわかりませんが、<しないよりしたほうがいいのではないか・・・?>という程度の思いで、低温・日照不足の時期に散布することになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『Physical Chemistry Fifth Edition 』を入手・・・

2017年08月30日 |  4.読書

昨日、郡山にでかけたとき、BOOKOFFで、Gordom M. Barrow著『Physical Chemistry Fifth Edition 』(邦訳『バーロー物理化学 上・下 第5版』)を216円で、昔読んだことがある本ですが、長山靖生著『日本人の老後』を200円で入手しました。

『Physical Chemistry 』は、標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田で、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリ・はえぬきを栽培するために設置した温水田の管理方法をより充実させるための参考資料・・・。<大学学部課程で履修する化学の一学科>であるとか・・・。

長山靖生著『日本人の老後』は、山口に棲息していたとき、65歳で妻の実家のあるふるさと・湖南に帰郷・帰農したときに、どのような人生の晩年を過ごすことになるのか、そのイメージつくりと、知識・技術を身につけるために読んだ本の1冊・・・。2013年4月1日に転居する際に、廃棄処分にした本の中に含まれていたのかもしれません。蔵書の中を探してみたものの見つけることができませんでした。

<第8章 どこで暮らすか、誰と暮らすか>の第1節<セカンドステージへの転地の田舎で暮らす>に書かれている文章が少しく気になったため・・・。<一説によると、2,000m、万円程度の資金的な余裕がないと、定年後からの田舎暮らしを「楽しむ」ことは難しいという・・・>。

<アンチエイジングを心掛けても、人間は不老不死を獲得することは出来ない。60歳で50歳の若さを保ち、80歳で65歳みたいに過ごすことは可能かもしれない。しかしやっぱり80歳でひく風邪は、40歳の風邪とはわけが違うのである。年を重ねるごとに、多少の衰えが進むことは回避できない。前期高齢者と後期高齢者とは、気力体力の衰え方の差はいかんともしがたい・・・>。

高齢者の風邪は、風邪でおさまらず肺炎に発展し、それとともに高齢の農家は農業に復帰できなくなる場合も少なくありません。高齢者は、病床に伏したとき、再起のための病床暮らしをする知識・技術を持っていないと、風邪・肺炎、その他の病気を併発してねたっきりになってしまいます。農薬・除草剤の多用は、農家から免疫力を奪うことになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻の実家の棚田の田の風景・・・

2017年08月29日 |  4.棚田







今日、棚田の田の畔と土手の草刈りをしていたとき、水分補給のため、ペットボトルの水をおいてある場所に行こうとして、農業用水路から温水田へ水を引き込むための水路の土手を通りました。そのとき、トノサマガエルが泳いでいたので、腰を落として、<ゲロゲロパッパ>と語りかけますと、大きなトノサマガエルが、給水ポンプ用の青色のホースにはいあがってきて、筆者の方をじっと見ていました。すると、中ぐらいのトノサマガエルが2匹、同じようにはいあがって、大きなトノサマガエルの横に並んで、筆者の方を見ていました。筆者、トノサマガエルたちに、<まさか、ゲロゲロパッパていう言葉が通じるのじゃないでしょうね?>と語りかけましたが、そのあと、小さなトノサマガエルが這い上がってきて、4匹が並んで、筆者の方をじっと見ていました。すると、またまた、小さなトノサマガエルが、青色のホースの上にはいあがろうとしてきましたが、何度も失敗・・・。しかし、この小さなトノサマガエル、何度も何度も挑戦・・・、7~8回挑戦してやっとはいあがり、4匹のトノサマガエルの横にすわりました。5匹のトノサマガエルにみつめられて、筆者、おもわず、<かえるくん、かわいいね!大好き!>と告白することに・・・。

温水田の周りは、シオカラトンボが・・・、コシヒカリとはえぬき、ひめのもちの田は、おにやんまが飛行・・・。稲の穂と穂の間は、赤トンボやアキアカネが飛んでいます。ハスの葉のうてなに座って瞑想しているのはトノサマガエル・・・。

妻曰く、<あなた、赤トンボは、うちの田んぼにしかいないみたい・・・>。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

標高550mの湖南高原の棚田でコシヒカリを栽培するための素人百姓の装置・・・

2017年08月29日 |  3.農業用水



現在の、妻の実家の棚田の田の温水田の状況です。今年は、温水田から備中レンコンを撤去するつもりでいたのですが。いつのまにか温水田の全面を備中レンコンの葉が覆ってしまいました。そうしますと、温水田の水が温まりにくくなります。

この8月、低温・日照不足の冷夏になりましたので、コシヒカリの出穂がはじまる前に、温水田の50%の備中レンコンの葉とコナギなどの雑草を除去して、温水田本来の機能を取り戻しました。くもり・雨の日でも、農業用水路から取水して温水田経由でコシヒカリの田に注ぐときは、4~6°C、水温が上昇します。晴れた日は、8~12°C・・・。12℃以上にしますと、今度は、高温障害が発生する可能性が出てきますので、12℃以上にならないように、温水田の水管理に注意します。

田用の長靴をはいて、左足を農業用水路の水の中に浸け、右足を温水田からコシヒカリの田に注ぐ水口に浸けますと、左と右の温度差がはっきりします。常夏川から取水した農業用水路の水をそのままコシヒカリやはえぬきの田に流し込みますと、冷害の被害に遭遇する可能性がぐんと高まってきます。

筆者の生まれ故郷、岡山県児島郡琴浦町の塩田地帯でよくみかけた、入浜式塩田の管理の仕方を参考にして、温水田の水管理をしています。筆者が生まれた家の庭の先が入江で、その向こうに入浜式塩田が広がっていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加