湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

野菜畑の草刈り・・・

2016年06月30日 |  7.雑草と除草

今日の午後は、刈り払い機で、田畑転換した野菜畑の草刈り作業・・・。

ZENOAHの刈払機、BC2310 に、筆者が、ダイヤモンドヤスリで手作業で研磨した刃を装着して草刈り作業をしましたが、低速回転でもきれいに除草できます。

この刈払機 BC2310 は、妻の実家のおとうさんが愛用していた刈払機ですが、いまでは、機械音痴の筆者でも思い通りに操作することができるようになりました。野菜から1cm程度離れたところにある草まで刈り採ることができるようになりました。このところ、雨の日が多く、雑草の成長も早いので、刈っても刈っても刈りきれません。

晴れの日が続いたら、刈った草の上から、コメヌカを散布する予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

郡山へ食料品の買い出しに・・・

2016年06月30日 |  6.買い出し

野菜直売所・湖南四季の里に、ソラマメとズッキーニを出展したあと、妻とふたりで郡山に向かいました。

いつもの行き付けのスーパーでひととねこの食料品を購入して、とんぼ返りで帰ってきました。朝から降っていた雨もやんで、すっかりくもり空・・・。午後から、野菜畑の草刈をすることになりそうです。いつも、妻が手作業による除草が困難になったときに、筆者が、鎌や刈り払い機で草刈をすることになります。明日から1週間ほど、くもり&晴れの日が続きそうなので、今日は、田の草取りを中止して、妻の野菜畑の除草作業を手伝うことにしました。

今日、筆者が、スーパーで買ったものは文房具(古文書に読みを振るためのシャープペンシル、消しゴム、ラチェット式鉛筆削り器)・・・。0.5mmのシャーペンの芯は、山口から持って帰ったものがかなりありますので、それを使用します。筆者、2013年4月1日から年金暮らしをしていますので、持っている文房具は、徹底的に使い尽くすことにしています。購入するのは、使い尽くしてなくなった文房具の補充のためだけ・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田の草取りの腰痛を未然に防ぐ除草法・・・

2016年06月30日 |  1.農家の健康管理

農作業の疲れと痛みをとるために、筆者が採用してのが、Out Stretch・・・。

就寝前、ふとんの中(冬の季節)や上(夏の季節)で5~6分の Out Stretch をするだけで、その日の農作業の疲れや関節の痛み、筋肉痛を、翌朝まで持ち越すことはありません。

しかし、妻の実家の棚田の、有機栽培・無農薬栽培をしているコシヒカリ・はえぬき・ひめのもちの田の草取りは、そのOut Stretch をしても、翌朝まで、その疲れ、痛みが残ります。それで、筆者、手・脚・腰に痛みが来ないように、予防対策をとることにしましたが、それが、Front Extend ・・・。

要領は至って簡単・・・。両肩の線より、後方に腰をひねらないこと! 手作業で雑草をとりのぞいていても、取り残しはかならず出てきます。そのとき、後ろ向きに体をひねってその取り残した草をとろうとしますと、意外と大きな負担が腰にかかってしまいます。それと、普通に腕をのばしてとどかない場所の草を無理やり取ろうとしますと、やはり腰に不必要な負担がかかってしまいます。腰に負担がかかるような無理な姿勢による除草をやめますと、つまり、いつも前を向いて、一度に3条分ぐらい取れればいいというつもりで田の水草をとっていきますと、腰痛を来すことはほとんどなさそうです。

イネの中のヒエ、ヒエの中のイネ、本来イネのある場所にイネにとってかわったヒエ、浮苗が定着して条間株間に生えたイネ・・・、いろいろな場面で、イネとヒエを明確に、99.9%瞬時にして区別除草できるようになったことと、田の草をとる時の腰痛を未然に回避する方法を身につけた素人百姓の68歳の筆者、これから歳を重ねても、田の草取りを快適にとることができるようです。

Out StretchFront Extend ・・・、いずれも、The Bible に出てくる言葉ですが、人間の健康によくないのが、In ShrinkRear Shorten・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐性クログワイの話し・・・

2016年06月30日 |  7.雑草と除草

昨日夜、午後6:00から開催された、『平成28年度郡山市・福島大学連携による無料公開授業 ふくしま未来 食・農教育プログラム』の第1回目の授業に参加しました。

講義が始まる前、横の席にいたおふたりが話をされているのが耳にはりました。それは、<耐性クルグワイ>に関する話し・・・。なんでも、最近、除草剤を振ってもまったくきかない耐性クルグワイが繁殖して困っているという話し・・・。それで、筆者、<耐性クルグワイ>とは何なのか、そのおふたりの方に質問して、いろいろ教えていただきました。

筆者が栽培しているはえぬきの田に、クログワイが大量に発生することをお話ししますと、話題は、雑草からコメの品種の方へ・・・。ふたりの方は、郡山市片平の専業農家の方で、<湖南では、はえぬきはあっていると思うが、コシヒカリは栽培むずかしいのでは・・・?>と話しておられました。<あんた、イントネーションがここらと違うけれど、どこから来たんだ?>と問いかけて来られました。イントネーションが違う・・・、そう言われたのは、2013年4月1日に妻のふるさと湖南に帰郷して、3回目・・・。いずれも、郡山市内で・・・。

平成28年度郡山市・福島大学連携による無料公開授業 ふくしま未来 食・農教育プログラム』の講師をされていた、福島大学の農学博士の小山良太教授、これから創設される、福島大学の<食農学類>構想に熱弁をふるっておられました。従来の農学部と違って、福島大学<食農学類>は、農業実習科目を必修にして座学と実学のバランスのとれた総合農学で、将来の日本の農業の指導者を養成していく農学部になるとか・・・。農学部は、基礎科学ではなく応用科学、応用科学にふさわしい内実を保有しなければならないと・・・。

スライドで表示された<食農学類(仮称)概念図>を見ながら、筆者、筆者が筆者自身に課した、百姓養成プログラムによく似ていると思いました。農業は、知識集約産業型の学際的、総合科学的知識・技術を背景にした営みですから、座学・実学を融合した形で農学を研究しようとすれば、それは、少品種多量生産の農業ではなく、多品種少量生産の農業を指向していくことになるは必定・・・。スライドに表示されたカリキュラムの科目には、農業気象学、防除学・・・など、いくつかの重要な科目が欠落していましたが、まだ、草案なので、そのうち組み込まれることになるのでしょう。

小山良太農学博士の言葉に耳を傾けながら、筆者、新設が予定されている福島大学の食農学類の人材育成像は、<新・農業改良普及員>ではないかと思わされましたが、戦前から戦後への日本の農業の転換点で重要な役割を果たした<農業改良普及員>・・・、福島の原発事故による放射能汚染前から汚染後へ、大きく構造変換が要求される日本の農業・福島の農業の新たな再編・構築にむけた、農業の指導者、<新・農業改良普及員>を養成しようとしても不思議ではありません。むしろ、timely reasonable な決断!小山良太農学博士、<福島の農業は、全体として eco farm に移行していかなければならない!>と提言されていました。

福島の農業は、放射能汚染前の福島の農業に立ち戻るのではなく、放射能汚染以前の福島の農業がかかえていた問題をも克服、福島のあらたな農業の展開を可能ならしめるものにしていかなければならないと・・・。

筆者、熱弁をふるって、持説を力説される大学教授の講義を久しぶりに聴講することができました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメを収穫・・・!

2016年06月29日 |  5.野菜つくり

今日の午前中、妻は、ソラマメを収穫したようです。

妻が差し出すソラマメをさやから取り出して、皮ごとソラマメをかじってみましたが、とても甘いソラマメ・・・!有機栽培・無農薬栽培のソラマメ、山口では簡単に栽培できるソラマメですが、ここ福島県郡山市湖南町では、ソラマメの栽培はほとんど不可能であるようです。

晩秋にソラマメの種をまきますと、芽が出ると同時に積雪の季節に入り、4ヶ月間積雪している間に、ソラマメの苗は死に絶えてしまいます。春になってソラマメの種を播きますと、大きく成長して花を咲かせても実を結ぶことなく終わってしまいます。湖南の赤津村の農家の方々は、ソラマメは栽培しないし、ソラマメを食べる習慣もないとか・・・。同じことは、レンコンについてもいえます。湖南の赤津村の農家の方々は、レンコンを栽培しないし。レンコンを食べる習慣もないとか・・・。そのため、野菜直売所・湖南四季の里に、レンコンやソラマメを出展してもほとんど売れません。

今日、郡山市役所に講義を聞きに行くとき、妻が箱詰めしたソラマメとほかの野菜を、岡山の妹夫婦に送りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トウモロコシの支柱立て・・・

2016年06月29日 |  5.野菜つくり

今日の午後は、田の草取りは中止・・・。

午後6:00~8:00まで、『平成28年度郡山市・福島大学連携による無料公開授業 ふくしま未来 食・農教育プログラム』の
<第1回・原発事故から5年間の総括と今後の課題(小山良太福島大学教授:農業経済学)>の講義を聞きにでかけますので、午後は、妻の農作業を手伝うことにしました。

常夏川沿いの畑に種をまいて育てていたトウモロコシが40~50cmに背丈になりましたので、竹の支柱を立ててやることにしました。インターネットの通販で購入した<支柱ヌキサシ君>なる道具を使って・・・。園芸用のイボ支柱より、竹の支柱の方が簡単に土の中に押し込むことができます。大きな節があるからでしょうか・・・。

妻は、園芸用の支柱は、竹の支柱に切り替えることにしたようです。園芸用のイボ支柱は、案外、耐久性がありませんので、長い目でみますと、竹の支柱の方が長もちするのではないかと判断したようです。それに、老朽化してつかえなくなったとき。竹の支柱の方が、燃えるごみとして処分しやすいので・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛を来さない除草法・・・

2016年06月29日 |  7.雑草と除草

昨夜、何度も夢をみました。夢の中で、田の草取りを試行錯誤・・・。どういう草のとり方をすると腰に痛みが来るのか、それを避けるためには、どのような草のとり方があるのか・・・? 夢の中で、あれやこれやためしているうちに、もしかしたら、これが原因かもしれない・・・、と思った瞬間、夢から覚めました。

それで、今朝8:30~11:30までの3時間、妻の実家の棚田のコシヒカリの田の草取りをするとき、夢の中で確定した草取り法を実践しました。切支丹伴天連の呪文に、ea uero quae sunt priora, extendens me, というのがありますが、この呪文こそ、妻の実家の棚田のコシヒカリやはえぬきのたの草取りをするときの、腰痛を避けるためのコツ・・・。

今日の草取り、最初から、ea uero quae sunt priora, extendens me, をこころがけていたため、3時間、手作業で草をとったにもかかわらず腰に痛みはあまり来ませんでした。筆者の右手の関節障害による痛みを取り除くために、やはり切支丹伴天連の呪文から、Out Stretch の方法を見につけましたが、今回は、<手を伸ばす>のではなく<自分自身を展ばす>(extendens me)ことによる、腰痛の予防策を見つけたことになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素人百姓、まっしぐら・・・

2016年06月29日 |  1.百姓暮らし

妻の実家のおとうさんが残してくれた田畑4.6反・・・。減反政策を反映して、田2.4反、温水田0.5反、田畑転換した畑1.1反、本来の畑0.6反に再編成して、有機栽培・無農薬栽培で自給自足を目指して米つくり野菜つくりをしていますが、大規模農家が営農する湖南にあっては、筆者と妻は、<趣味の園芸>の範疇・・・。

筆者と妻、昨日素人百姓、今日も素人百姓、明日も、これからもず~っと素人百姓、素人百姓まっしぐらで生きていくことになります。

今朝、郡山市の広報に添付されていたチラシに、『平成28年度郡山市・福島大学連携による無料公開授業 ふくしま未来 食・農教育プログラム』の案内のチラシがありました。会場は、郡山市役所・本庁舎特別会議室・・・。事前申込不要で参加費無料・・・。

第1回 原発事故から5年間の総括と今後の課題(小山良太福島大学教授:農業経済学)
第2回 「地域創生」はこれでいいのか:地域づくりを基礎から考える(守友祐一福島大学特任教授:農村経済論)
第3回 世界に誇る福島県の日本酒:軌跡と展望(鈴木賢二福島県ハイテクプラザ醸造・食品科長)
第4回 郡山で描いてみるバイオマスタウン計画(林薫平福島大学特任教授)
第5回 放射能汚染対策のその先をデザインする(福島大学特任准教授)

湖南の赤津の専業農家の方々から馬鹿にされている素人百姓の筆者にとっては、またとない勉学のチャンス・・・。全回、講義を聴講させていただくことにしました。講義の対象者は、農業者だけでなく、<一般の方・・・どなたでも参加できます>とありますので、素人百姓の筆者、<一般の方>に混じって参加・・・。

第1回は、今日の夜・・・。それまで、妻の実家の棚田のコシヒカリの田の草取りに専念しなければ・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルトラに装着する整地板を自作することに・・・

2016年06月28日 |  1.農機具と農具

妻の実家のおとうさんが愛用してきた、KUBOTAの12馬力の超小型トラクターB6001 (ブルトラ)に取り付ける<整地板>を自作することにしましたが、今日、郡山にでかけたとき、ホームセンターでそのために転用できる部品を下調べしました。

B6001は、構造が簡単なので、既製の部品を組み合わせて各種アタッチメントを自作することも難しくはなさそうです。自作するアタッチメントの強度だけは、しっかり検討しなければなりませんが・・・。長年の使用で、あちらこちら傷だらけで、一部、部品が破損したり、欠けたりしていますので、補修作業が必要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

負債なしの年金暮らし・・・

2016年06月28日 |  4.年金暮らし

筆者と妻、日本基督教団西中国教区の山口の小さな教会で、30年間にわたって清貧生活を余儀なくされたため、こころがけたことはただひとつ・・・。

1.収入に応じた暮らしをすること
2.負債をつくらないこと

2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農したあとも、原則として、その清貧生活を守っています。ただ、妻のふるさと・湖南に帰郷して悠々自適の生活をする・・・というほど年金は多くありませんので、生活の足しに、妻の実家のおとうさんが残してくれた田4.0反・畑0.6反・山林8.0反を有効利用して、コメと野菜を有機栽培・無農薬栽培して自給自足を指向する必要があり、<旧会津藩領地で30年暮らしてきたのだから、旧会津藩領地で30年暮らす>ことにした筆者と妻、30年間、筆者が95歳になるまで、百姓暮らしができるように基盤つくりのために<投資>することにしました。

その<投資>も、帰農にともなうソフト・ハード共に、2016年3月31日をもって必要最低限のものを揃えることができましたので、2016年からは、帰農にともなう<特別会計>は残高を固定・・・、2016年4月1日からは<一般会計>のみの年金暮らしに徹しています。

たとえば、2013年・2014年に購入したチップソー・・・、切れ味が落ちたものはそのまま保管していたのですが、<特別会計>でチップソー研磨機とダイヤモンドヤスリを購入したあとは、2015年・2016年と、新しいチップソーを購入することはなく、研磨しながら使っています。まだ、未使用のチップソーが3種類3枚ありますが、当分、未使用のチップソーを使うことはないでしょう。農機具の小屋には、妻の実家のおとうさんが使っていた普通の刃が数十枚あります。使えるかどうかは分かりませんが、研磨して使えるものは使うようにします。刃の目立ての仕方もマスターしましたので・・・。

専業農家の方々は、<いそがしくて、チップソーの刃を研いでいるひまはねえ!安い刃を買って使い捨てだ!>と言われる方が多いのですが、2013年・2014年は、切れ味が悪くなる都度、買い替えていましたが、正直言って、<費用がかさむ>ことに、使い捨ての是非を考えるようになり、1枚の刃を徹底的に使い切ることにしました。そのうち、研ぎ方に慣れて、切れなくなれば研いで使うことが当たり前になってしまいました。

年金暮らしならではの素人百姓の節約術です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老後の暮らしの危うさ・・・

2016年06月28日 |  4.年金暮らし

今日、スーパーに立ち寄ったとき、妻が食料品を買いものしている間、筆者は雑誌コーナーで、雑誌の目次を見ていました。

今週、目につく記事は、老後のための資金つくりに関する記事・・・。なにとなく、老後の暮らしの深刻な現実をあらためて認識させられます。

夜インターネットで検索してみますと、こんな記事が・・・。

<平均貯蓄額が過去最高の1,805万円に 、100万円以下も11.1%>(2016/05/18)

総務省は5月17日、「家計調査報告(貯蓄・負債編)平成27年(2015年)平均結果速報(二人以上の世帯)」を公表した。

「貯蓄現在高の推移」(二人以上の世帯)
二人以上の世帯における1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は1,805万円。前年に比べ7万円、0.4%の増加となり、3年連続で過去最高を更新した。貯蓄保有世帯全体を二分する中央値は1,054万円(前年1,052万円)となった。また年間収入は616万円で、前年に比べ2万円、0.3%の増加に。「貯蓄年収比」(貯蓄現在高の年間収入に対する比)は293.0%で、前年に比べ0.2ポイントの上昇となった。

勤労者世帯では1,309万円
このうち勤労者世帯(二人以上の世帯に占める割合51.2%)についてみると、貯蓄現在高(平均値)は1,309万円で、前年に比べ19万円、1.5%の増加となり、貯蓄保有世帯の中央値は761万円(前年741万円)となった。二人以上の世帯全体と比べると、平均値、貯蓄保有世帯の中央値共に低くなっている。また、年間収入は709万円で、前年に比べ7万円、1.0%の増加となり、貯蓄年収比は184.6%で、前年に比べ0.8ポイントの上昇となった。

二人以上の世帯について貯蓄現在高階級別の世帯分布をみると、平均値(1,805万円)を下回る世帯が68.0%(前年67.6%)約3分の2を占めており、貯蓄現在高の低い階級に偏った分布となっている。100万円以下も11.1%見られる>。

今日、週刊誌でみたのは、貯蓄額0円で生きている人々の多さ・・・。この総務省の調査結果に、反映されているのやらいないのやら・・・。貯蓄額0円は貯蓄していることにならないので統計からはずされているのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤津の農家のうわさ・・・

2016年06月28日 |  4.年金暮らし

この前、湖南の赤津村の共同作業があったとき、ある農家の方と話をしていてとき、こんな話が出てきました。

<吉田さんは、湖南で暮らすようになって、もう3年が過ぎたべえ?この3年間、無収入だべえ? 収入がないのに、3年も暮らしていけるなんて、なにして食べて行ってんだべえ? 宝くじでもあたったのでねえのけ?って、みんながうわさしてる・・・>。

筆者、<宝くじは、あたることはありません。買いませんから・・・。生命保険も入ることはありません。かけていませんから・・・。年金暮らしが基本で、農業は趣味の園芸ですから・・・。村の共同作業のとき、日当が出るときがあるでしょう。そのとき、「吉田さんのJA湖南の口座に振り込んでおきましたから・・・」といわれてきたのですが、JA湖南には口座をつくっていないのに、どこに振り込まれたのやら、質問するのもわるいと思ってそのままにしてきましが、この前、中山間事業の補助金の振り込みで確認したら、JA湖南ではなくJA郡山の口座に振り込まれていました。3年で、なんと120,000円も!ちりもつもればやまとなるのたとえ通りでしょう。収入が少なくても、質素倹約して使わなければたまりますね・・・>とお答えしましたが、昔から、<あるようでないのがカネ、ないようであるのがカネ・・・・>、筆者と妻、湖南の赤津村の共同作業で支払われる日当・賃金・手当・補助金などは、もともとないものと思ってきましたので、これからも手をつけないでためていくことにしました。

郡山市湖南町の地方史研究会である湖南史談会、そのすべての年中行事に参加しますと、会費・参加費は年60,000円(会費5,000円、会食費5,000円、1日研修会10,000円、1泊研修会30,000円)・・・。湖南に帰郷・帰農して以来、筆者の唯一の贅沢は、湖南史談会の集会・行事に参加すること・・・。ある会員の方は、湖南史談会の集会・行事に参加するため、毎月5,000円を積み立てしているのだとか・・・。

もし、宝くじがあたったと仮定したら、筆者が一番最初に購入するのは、インターネットの日本の古本屋に出展されている次の古文書・・・。

『信濃国水内郡栗田村文書』(佐藤家所蔵)

内容:『御用留』・『御用觸日記』・『宗門人別書上帳』・『諸願書』・『御用水入用覚』・『年貢割付』・『無盡帳 明和~明治期』
東京神田神保町の古書店で販売されていて、価格は、420,000円。のどから手が出るほどほしい古文書ですが、年金暮らしの筆者には、それを入手する機会は100%訪れることはない・・・。筆者、こんなことで神さまにお願いをすることはありませんから・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業開眼・・・!

2016年06月28日 |  1.農書

『農に生きる 信州・伊那の暮らし』の著者・宮原達明氏の言葉に、<農業をはじめるにあたって大切なことは、その地域で自分の先生(指導者)を見つけ、その人から農業のイロハを学ぶことだ。自己流の農業は必ず失敗する・・・>というのがありました。

今日の午後、雨が降っていましたので、農作業を中止・・・。湖南の専業農家の方は、この雨の中でも農作業をされていますが、68歳の素人百姓の筆者は、農作業はお休みにしました。そして、読んだのが、この前、BOOKOFFで購入した薄井清著『東京から農業が消えた日』・・・。

この薄井清氏、戦後、19歳で、<農業改良普及員>の資格試験に合格、全国最年少農業改良普及員になり、現在の東京町田市で活躍された方・・・。<学生服にゲートル着用。地下足袋でなく軍靴だったら、戦争中の「学徒出陣」の姿そのまま>で、堺村のベテランの農家の指導に入った薄井清氏の episode ・・・読みながら、筆者、突然、農業に開眼・・・!

宮原達明氏の言われる<農業をはじめるにあたって大切なことは、その地域で自分の先生(指導者)を見つけ、その人から農業のイロハを学ぶことだ。自己流の農業は必ず失敗する・・・>という言葉が真実であるなら、68歳の筆者、農業の先生・指導者を見つける前に、自ら、<農業改良普及員>になるだけの知識・技術をみにつければよい、自分で自分を指導すればよいと思いました。

素人百姓である自分の農業指導のために自ら<農業改良普及員>になればいい・・・、その話をしますと、妻は、目の色を爛々と輝かして、<あなたはいつも、そうやって、難局を乗り越えるんですから・・・>とうれしそうに微笑んでいました。筆者、すぐ、インターネットの日本の古本屋にアクセスして、<農業改良普及員>関連の本や、<農業改良普及員>が使用していた農業虎の巻などの資料を注文しました。その数、10冊・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

郡山から青森まで往復1000kmのドライブ・・・

2016年06月28日 |  2.小さな旅とドライブ

今日、郡山に住んでいる娘夫婦に野菜を届けたとき、娘が、お土産をくれたそうです。

娘が妻に話したところによりますと、この前、土・日に、一泊二日で、郡山・青森間をドライブしたようです。そのドライブ先は、青森・・・。

この前、筆者、祖父・曾祖父のふるさと信州へ一人旅のドライブをしましたが、往復600kmの日帰りの旅・・・。郡山・青森間は、往復1000kmであるとか・・・。インターネットで検索しますと、郡山・青森間の距離は約1000km、所要時間は6時間・・・。68歳の筆者の運転能力では、往復1000km/時速80km/余裕率0.2=約16時間・・・。片道約8時間・・・。筆者には、まず無理ですね。

妻の話しでは、娘夫婦、とても疲れたそうです。

往復1000km・・・、日本海側を走れば、北陸金沢・・・、太平洋側を走れば、名古屋・・・。気の遠くなりそうなドライブ・・・。

筆者、遠方にドライブするのは、走った実績のある、湖南・長野間の距離に留めたほうがよさそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

郡山の理髪店と美容室へ・・・

2016年06月28日 |  1.田舎暮らし

今朝、妻が、<今日一日雨が降るようなので、郡山に行って、頭の髪をカットしてもらいましょう>といいますので、妻のくるまで郡山にでかけました。

まず、野菜直売所・湖南四季の里によって、妻が栽培した野菜を出展、それから、奥羽山脈の三森峠を越えて大槻のペットクリニックへ・・・。妻が飼っている16歳のトラネコの<まこ>の薬を処方してもらいました。それから、娘夫婦のアパートに行って、妻がつくった野菜手渡し、いつも行っている理髪店&美容室へ・・・。

湖南にも理髪店、美容室はあるのですが、人間関係が複雑すぎて、中に入ることすら、ためらいの思いが生じます。湖南の理髪店、美容室は、<ここらのもんの・・・>理髪店、美容室であって、<よそもん・・・>の筆者と妻が入ることができるような場所ではありません。理髪店、美容室に限らず、どのお店も、お客は固定客であるようです。

昨年でしたか、誰でも入ることができる、湖南の最後のスーパーが閉鎖してなくなりましたので、いよいよ不便になりました。スーパーに行くには、東にある郡山、西にある会津若松、南にある須賀川、北にある猪苗代までくるまを走らせなければなりません。妻がよく出かけるのは、郡山へ80%、猪苗代町へ20%・・・。

筆者と妻の理髪店・美容室に支払う整髪料はそれぞれ2,000円・・・。湖南で美容室に通う、妻の実家のおかあさんが支払うのは6,500円・・・。安い価格でサービス満点の郡山の理髪店・美容室、少ない顧客から最大限の儲けを引き出す湖南の理髪店・美容室・・・、その価格差は、湖南の情報提供料・・・?

帰りにスーパーによって、少しく食料品を購入して帰りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加