湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

JA愛知の組合員の方から電話・・・

2016年10月15日 |  2.湖南

今日の昼、食事に帰ってきたとき、JA愛知の組合員の方から電話がありました。

このブログに書いている、備中レンコンを送ってほしいとのこと・・・。標高550mの湖南高原の棚田で、どの程度の備中レンコンが栽培できるのか、サンプルとして、お送りすることを約束しました。JA愛知の組合員の方々の中にも、休耕田でレンコンを栽培しておられる方々も少なくないようですが、レンコンのハス田は、ハスの葉だけでなくガマという雑草が繁殖して、レンコン栽培の障害になるとか・・・。

筆者、<レンコンを栽培するときは、コメを栽培するときよりも、何倍も、草取りにハス田に入ります。東北地方の高原では、ガマ自体をあまりみかけないので、ガマがハスの天敵になるようなことはないと思います。>と答えましたが、湖南高原は湖南高原なりの雑草が繁殖してきますので、手入れをしなければ、栽培は難しいと思われます。それに、湖南は、12~3月までの4ヶ月間、雪に埋もれてしまいますので、レンコンが死滅してしまう可能性も多分にあります。掘り起こして春先まで保管していても、ダメになることがあるようですから、継続的にレンコンを栽培し続けるのは難しそうです。

しかし、標高550mの湖南高原の棚田、赤津村を南から北に流れる一級河川・常夏川は、その名前の通り、真冬にも凍ることのない川・・・。<常夏>・・・、その名がつけられたのには、それなりの理由がありそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとう、おらあ、もう飲... | トップ | 朝、倒れていなかったボウガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。