湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

朝、野菜直売所・湖南四季の里に野菜を出展するために大忙し・・・

2017年09月24日 |  4.野菜直売所・湖南四季の里

今朝、東京に出張中の、娘のご主人から電話がかかってきました。今日、郡山のアパートに帰る時刻を娘に伝えるために・・・。

娘は、<実家に帰ると、いろいろ手伝いをさせられて忙しいの・・・>と話したそうですが、今朝から、農園主の妻の指示で、筆者も娘も、野菜直売所・湖南四季の里に、有機栽培・無農薬栽培を出展するための準備作業におおわらわ・・・。

認知症の、妻の実家のおかあさんは、今日はデイケアの日・・・。<忙しそうだなあ。おらあ、ひとりで停留所まで歩いていくべえ・・・>とひとりででかけようとします。妻が、<今日は、日曜日・・・。観光客のくるまでいっぱいだから、事故の原因になったら、観光客のひとが気の毒・・・。わたしが、くるまで連れて行きます。>といって、作業を中断して、おかあさんを停留所まで連れて行きました。そのあと、娘が妻と交代、さらにそのあと、娘と筆者が交代・・・。妻の実家のおかあさん、目の前に広がる稲田を見て、

おかあさん:稲が倒れてんな?いっぱい実ったんだべなあ?
筆者:違う!実って倒れたときは、稲がこがね色になってるべえ?あの倒れた稲は緑色だ!まだ実ってねえのに倒れてんだ!
おかあさん:じゃあ、肥のやり過ぎか?
筆者:そうだ!ここらのもんは、少しでもたくさん採って儲けようと思うから、肥をやり過ぎんだ!
おかあさん:じゃあ、あまり採れねえなあ・・・。

今日の、妻の実家のおかあさん、意外とまとも・・・。デイケアのくるまが迎えに来て、担当者の方に、おかあさんを引き渡したあと、家に戻ると、娘、<おとうさん、おばあさんとなんでバトルやってたの?>と聞きます。<何もバトルなんかしてない・・・>と上の会話を伝えますと、娘も、<今日のおばあさんは、意外とまともなのよね・・・>と話していました。

今日、野菜直売所・湖南四季の里に出展するのは、大玉スイカ・小玉スイカ・トウモロコシ・ミニトマト(糖度は8)・なすび・にんじん・インゲン・ミズナ・・・。今年の低温・日照不足で、大玉スイカはやっと収穫時期を迎えました。自給自足用に5本の苗を植えて、収穫したのは5個・・・。小玉スイカは数週間前から収穫していますが・・・。大玉スイカ1個を包丁で切って、糖度計で糖度を確認しました。糖度は9.5度でした。有機栽培・無農薬栽培のゆっくり熟させたトマトは、糖度のわりには、とても自然な甘さを感じる西瓜になっていました。切ったスイカの半分は、娘が持ってかえり、残りの半分を今日、筆者と妻と娘とおかあさんの4人で食べることにしました。あとの4個は、湖南四季の里に出展することにしました。

まっかなスイカを見て、認知症の、妻の実家のおかあさん、<うまそうだなあ・・・。食いてえなあ・・・>とつぶやいていました。妻は、<今食べると、デイケアのくるまのなかで、おしっこ、もらしてしまうでしょう。残しておいてあげるから、デイケアから帰ってから食べなさい>とおかあさんを諭していました。今日のおかあさん、意外と素直に妻の言葉に従っていました。孫の前では、醜態をさらしたくないという思いが強くなるのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガン患者の痛み・苦しみは大... | トップ | 寒冷地・高冷地における野菜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.野菜直売所・湖南四季の里」カテゴリの最新記事