湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

湖南の赤津村、今年も大豊作・・・!

2016年10月01日 |  2.猪苗代湖南

湖南では、あきたこまちの稲刈がはじまりました。大型コンバインが疾走する光景が目に飛び込んできます。

湖南の農家の方々の話しでは、今年は例年になく豊作になるとか・・・。

今朝の福島民報にこんな記事が掲載されていました。

<県内水稲作況102「やや良」
10a当たり収穫 前年比4キロ減見通し

予想収量は会津が前年比3kg増の599kg、中通りが同9kg減の530kg、浜通りが同9kg減の515kgとなっている>。

今年の福島県産のコメの予想収量は、会津地方で9.98俵/反、中通りで8.83俵/反、浜通りで8.58俵/反・・・。湖南の赤津村のプロの農家の方々、<ここらでは、反あたり10~12俵採れねえと採れたうちに入んねえ!>といわれますから、湖南の赤津のプロの農家の方々の視点からしますと、湖南は別にして、福島県全体のコメの予想収量は<採れたうちに入んねえ>レベル・・・。

魚沼地域 8.62
小千谷市 9.05
長岡市 8.92
魚沼市 8.62
南魚沼市 8.59
湯沢町 7.53
十日町市 8.33
津南町 9.03


インターネットで検索した南魚沼産のコシヒカリの反当たり俵数は、湖南の赤津村のプロの農家の方々の常識から判断しますと、南魚沼産の従来型の栽培によるコシヒカリも<採れたうちに入んねえ>レベル・・・。今年の新潟県の作況指数は、95~98のようですから、赤津村のプロの農家の方々は、鼻高々に、赤津村の農家の腕を見せたと自慢することになるのでしょうね・・・。

湖南では、プロの農家にしか栽培できないといわれるあきたこまちと違って、素人にも、有機栽培・無農薬栽培、天日干しでできる、冷害に強いコシヒカリとはえぬき、反あたり7~8俵とれると十分・・・。自給自足用なので、2.4反で16~18俵とれたら<自己満足>・・・。永遠に、筆者と妻、湖南の赤津村のプロの農家の方々からバカにされることになりますが、人生、時として、愚直なまでにバカになりきることも大切です。その褒賞は、美味しくて安全なおコメ・・・!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湖南の住人が持っている湖南... | トップ | 老年期における事故・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.猪苗代湖南」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。