湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

唱歌<夏は来ぬ>の世界・・・

2017年07月13日 | 【湖南】

文部省唱歌に<夏は来ぬ>があります。

作詞:佐々木信綱、作曲:小山作之助・・・。筆者の愛唱歌のひとつですが、

1.卯の花の、匂う垣根に
  時鳥、早も来鳴きて
  忍音もらす、夏は来ぬ

5.五月やみ、蛍飛びかい
  水鶏鳴き、卯の花咲きて
  早苗植えわたす、夏は来ぬ

湖南の赤津村の山々に咲く野生のうつぎの花、遠くで近くでなくほととぎすの鳴き声、そして5月の闇に輝くほたるの円舞・・・。標高550mの湖南高原の妻の実家の棚田の田は、今、この文部省唱歌<夏は来ぬ>と同じ情景にあります。

クマさんの通り道に近づかなくても、ホタルさんの方が、筆者と妻に近づいてきてくれて、ほんとうによかった・・・、と思っています。今日、あらためて、ホタルは、田の生きものであることを確認しました。温水田もビオトープも、毎日水が流入して流出して行く場所・・・。清流の谷川でなくても、ホタルは田の動く水の中で棲息できるようです。

高齢者の田舎暮らし・山郷暮らし・百姓暮らしは、有機栽培・無農薬栽培からはじめましょう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚田の温水田とビオトープに... | トップ | 昨夜、妻の実家の棚田の田で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。