湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

棚田の田に立つと、とてもしあわせな気分・・・

2017年09月25日 |  1.田の生き物

今日の夕方、ひとりで、妻の実家の田畑のみまわりに行った妻、帰ってくると、とてもうれしそうに話していました。

<今日は、棚田の田に、アキアカネがいっぱい飛んでいるの。他の農家の田にも、わたしの田にも・・・。コシヒカリの田も、はえぬきの田も、アキアカネがいっぱい。トンボに囲まれていると、わたし、とてもしあわせな気分になったわ。こどものころ見た、棚田の田の風景と同じ・・・!>

今年は、温水田とビオトープ・・・、稲刈がすんだあとも、給水ポンプで水を汲み上げることにしています。温水田にためるだけ水をためて、雪がふりはじめるのを待ちます。トンボたちの産卵の場になります。棚田の田の稲刈が済みますと、水を張った田は、妻の実家の棚田の温水田とビオトープだけになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 専業農家の方の倒伏した稲の... | トップ | <肥枠>をつくる・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.田の生き物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。