湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

ブルトラで荒代かきをしたあと、手作業で整地・・・

2017年05月14日 |  4.棚田

今日、午後2:00~5:30まで、午前中、KUBOTAの超小型トラクターB6001で荒代かきをした、コシヒカリの田を、筆者が自作した、手動式代かき器で、手作業で整地しました。

手動式代かき器で作業をしたのは、午後2:00~5:00までの、正味3時間・・・。そのあと、ブルトラを農業用水路から給水ポンプで水を汲み上げ、荒代かきで泥だらけになったブルトラを洗浄しました。そして、家まで乗って帰り、庭に格納して、ブルーシートで被いをかけ終わったのが5:30分・・・。

今日の農作業は、8時間30分・・・。

作業を終えたあと、妻に、<あと5か月で、70歳になるんだよね。それなのに、毎日、楽しみながら米つくりができるなんて。神さまの支えがなければ、絶対に不可能・・・!今年もいろいろ失敗しながらの米つくりだけれど、その失敗を、神さまが補ってくださっているみたい・・・>と話しますと、妻は、<あなたが、70歳になるなんて、わたしも信じられないわ。>と話していました。

今年は、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農して5年目、標高550mの湖南高原の棚田で有機栽培・無農薬栽培で米つくりをはじめて4年目・・・。米つくりも4年目になると、いろいろな変化に直面するようになりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚田の下段のコシヒカリの田... | トップ | 棚田の田の畔に2種類のタンポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。