湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

堰上げが済むと田に水が入る・・・

2017年05月05日 |  2.赤津村の風景

今日で、湖南の赤津村のすべての地区で堰上げが完了・・・。

次から次へと、農業用水路から流れてくる水で田が潤されていきます。棚田の場合、上から下へ、順番に水が入っていきますので、妻の実家の田に水がやってくるのは、3~4日後・・・。昨年は、水量が少なく、まてどくらせど農業用水路から水が流れてきませんでした。昨年、農業用水路から取水できたのは、4~5回・・・。ほとんど、別の農業用水路から給水ポンプで汲み上げました。

今年は、例年の4日遅れで、妻の実家の棚田の田を耕すことになります。自然発芽させている育苗用ハウスのコシヒカリ、はえぬき、ひめのもちの発芽も3~4日遅れましたので、これからも3~4日遅れになるのかどうか・・・?たぶん、田植えも、昨年より3~4日遅れになりそうです。いままで、毎年、<仏滅>の日に田植えをしてきましたが、今回は、5月31日か6月6日・・・。稲の苗のこれからの成長度によって判断することに・・・。

6月6日は、旧暦5月12日・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麦の苗を移植するための畝つ... | トップ | last runner は、空を仰いで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。