湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

朝夕、棚田に響くほととぎすの鳴き声・・・

2017年06月22日 |  3.野鳥と野生動物

この4~5日、妻の実家の棚田の田に行きますと、朝夕、ほととぎすの鳴き声が聞こえてきます。

しかも、棚田にこだまして聞こえてくる遠くのほととぎすの鳴き声ではなく、妻の実家の棚田の田の山側の雑木林の中からすぐ近くで聞こえてくる、澄んで、とてもきれいなほととぎすの鳴き声・・・。

こんなに近くでほととぎすの鳴き声が聞こえるなんて、ナベツルの本州唯一の飛来地、山口県熊毛郡八代村のTokunaga兄・姉ご夫婦が住んでいた棚田に響いていたほととぎすの鳴き声と同じ・・・。

今朝、棚田に行ったとき、ビオトープから、2羽のカモが飛び出してきました。

クマが徘徊する、妻の実家の棚田の周辺は、クマだけでなく、カモシカやイノシシ、サルにキツネやたぬきなどの野生動物の生息地・・・。筆者が朝、自転車で棚田に向かっているとき、いつも近寄ってくるウグイスがいます。<鳴き比べしよう!>とでもいうかのように、筆者に向かって鳴くので、筆者もウグイスの意気に答えてウグイスの鳴きまねをします。今朝、ウグイスの鳴き声がしなくなったと思っていたら、筆者のすぐうしろで、<ホーホケキョ!> 筆者、またウグイスに驚かされました。

山口の小さな教会の牧師をしていたときも、教会の庭の木々にウグイスがやってきていました。そのとき、ウグイスの生態を観察することができました。周南の<万葉の森>や、羅漢高原のウグイスの谷わたりを見ることができるおかや、上関・長島の中之浦のウグイスの棲息地でも、ウグイスの鳴き声だけでなく、その姿も見ることができました。妻のふるさと・湖南の赤津村の棚田は、山口のそれと同じ環境・・・。

今年は、筆者と妻、身近に、クマや野鳥に遭遇・・・。湖南に身を置いてはじめてしることになるしあわせです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筆者、登山の経験はないけれ... | トップ | クマが出てくる理由・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 3.野鳥と野生動物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。