湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

朝、倒れていなかったボウガケ・・・

2016年10月16日 |  4.棚田



今朝6:00に、妻の実家の棚田にでかけました。昨日、はえぬきを刈り入れしたぼうがけが倒れていないかどうか心配で・・・。

そのとき、筆者のコンパクトデジカメで撮った写真が上の写真です。ボウガケしている田がはえぬき、畔の向こうにあるのがコシヒカリの田です。朝早く撮ったので、あまりいい写真ではありませんが、下の右側の写真の遠くに見えるのが会津磐梯山です。

はえぬきの田は、湿田・・・。田の中をあるくとき、稲の切り株の上を歩きます。切り株と切り株の間を歩きますと、4~5cm足が土の中に沈みますし、KUBOTAの強湿田用のバインダーRJ25HDでも、Uターンするとき15~20cmほど土を抉って動かなくなってしまいます。それをさけるため、バインダーも稲の切り株の上を走らせます。刈る時は、土をかりとらないように、ハンドルを少し抑え気味にすると、刃先が5cmほどあがりますので、きれいに刈り取ることができます。

KUBOTAの強湿田用のバインダーRJ25HDは、素人百姓の<自然知能>を組み込むことで、高性能の農業機械になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JA愛知の組合員の方から電話... | トップ | ハス田(温水田)に水を汲み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。