湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

JA湖南の不思議な時計・・・

2016年10月15日 |  4.痴呆

妻の実家のおかあさんが、平成8年に、JA湖南からもらったという柱時計・・・。デジタル時計ですが、午後9:20に、居間にあるもうひとつの時計(娘夫婦が結婚したときの記念品)と台所の置時計の時刻を比べてみますと、まったく同じ9:20でした。

左の図の状態で、新しい乾電池を入れても秒針や長針が動かなかったり、左回りに逆回転したりしていました。中の図のように、それを90度右に傾けますと、秒針・長針・短針が正確に動きだすのを確認した筆者、右の図のように、時計の本体は、90度右に傾けた状態のまま、文字盤だけを90度左にしました。

どうやら、この、認知症になった、妻の実家のおかあさんが、<おらの時計だ!おめえらの好きなようには、させねえ!>という、JA湖南からもらったという変な時計・・・。

認知症の、妻の実家のおかあさんとの付き合い方を示唆してくれているような時計でした。

1.認知症になって、あたまとこころがこわれたおかあさん
2.少しく視点を変えると、ことばが通じることを発見
3.おかあさんの認知症そのままに、認知症であることを忘れさせる仕組みを発見・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤トンボに取り囲まれて・・・ | トップ | ありがとう、おらあ、もう飲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。