湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

平成28年度郡山市特定健康診査を受けることに・・・

2016年10月14日 |  1.農家の健康管理

筆者の妻、郡山市から送られてきた<平成28年度郡山市特定健康診査のお知らせ>を見て、筆者に、<一緒に、特定健診を受けに行きましょう。無料みたいよ・・・>といいます。

筆者、拒絶する理由もないので、妻と一緒に<特定健診>を受けることにしました。

<特定健診>は、①問診、②身体診察、③身体測定(身長・体重BMI・腹囲)、④血圧測定、⑤血液検査(脂質・血糖・肝機能・貧血)、⑥尿検査(尿糖、尿たんぱく)、⑦腎機能検査、⑧心電図、⑨眼底検査の9種類・・・。

緑色の検査セットは、筆者が毎月1回は自分で実施しているもの。今のところ異常なし。赤色の検査は、福島に帰郷後、1度眼科で受診したことがあります。そのときは、異常なし。紫色の検査は、聴診器と心電計を購入する予定ですが、それを使いこなすための専門書(山口にいるとき既に入手済み)を読むだけで、まだ入手していません。2013年4月1日に帰郷・帰農して以来、なぜか不整脈もほとんどなくなり、心電図を読む必要を感じなくなりましたので・・・。ただ、筆者、68歳、老化の一途をたどっていることは間違いないので、はやめに聴診器と心電計を使いこなして、病的症状をはやめに察知する必要があります。

特定健診を受けるのは、稲刈がすんだあとかな・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 備中レンコンの放射能汚染度... | トップ | 朝、マメタン炬燵の脚探し・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。