湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

夕方、猪苗代町へ買い物に出かける・・・

2017年05月16日 |  1.田舎暮らし

棚田の田の<排水工事>の後片付けをしていたとき、妻が、<ねこちゃんたちのお魚がなくなったの。わたし、これから、猪苗代へ行ってくるわ・・・>といいます。筆者、<今日1日、重労働したのに・・・? しかたがない。おれが買ってきてあげる。A子さんは、夕ご飯の仕度があるから・・・>といいますと、妻は、<いいの。夕ご飯は、少し遅れても・・・。毎日、毎日、定刻に、母に食事させるの、大変なのよ。時々、変化をつけたほうがいいから・・・>といいますので、2人で、猪苗代町のスーパーに向かいました。

その途中、半澤医院の前を通りましたが、そのとき、<総入れ歯>に話題が移りました。

筆者:おかあさん、総入れ歯だったよね。
妻:そうよ!2年前に、総入れ歯にしたの。
筆者:どのくらいかかったの?
妻:50,000円くらい・・・。
筆者:どこから、その費用だしたの?
妻:そら、おかあさんが88歳になったとき、郡山市から祝い金が出たでしょう。その80,000円の中から、総入れ歯に使ったの。おかあさんは、「ここらのもんは、家族みんなに分けてやんだ」といってたけれど、あなたもわたしも、娘も、「あとが怖いから要らない!」といって受け取らなかったでしょう。案の定、おかあさん、ことあるごとに、「おらの80,000円がねえ!おめえら、勝手に使ったんじゃあるめえなあ?」と疑ってたでしょう?そのうち、総入れ歯に使ったことを認識するようになって、残りの10,000円札2枚を後生大事に抱えていたでしょう?その20,000円も、「おらの20,000円がねえ!おめえら、盗ったんではあるめえなあ?」と怒ってたでしょう?
筆者:総入れ歯にするの、保険を使っても50,000円もかかるんだ・・・。国民年金の毎月の平均受給額が消えてなくなるんだ・・・。
妻:補聴器は、わたしが買ってあげたのだけれど、おかあさん、すっかり忘れてしまって、「この補聴器はおらが買ったんだ!」と言い張るでしょう?家族の中に、年寄りがいると、けっこうおカネかかるのよね・・・。本人は、認知症でそんなこと分からないで済むけれど、、家族は大変なのよね・・・。

筆者、猪苗代町の薬局で、<かわき目>用の目薬を2個購入・・・。目薬を探していますと、店員の方、<なにを探しておらるのですか?>と尋ねてきますので、<かわき目用の目薬を探しています。ロート製薬以外の目薬・・・>といいますと、その店員さん、<ライオンの目薬でよければ、ここにあります>と教えて下さいました。最近は、よくライオンの目薬を購入していますので、一番安い目薬を2個購入・・・(@278円×2)。

午後4:00にでかけて、帰ってきたのが5:45・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚田の上段と中段の田畑転換... | トップ | 磐梯山の山頂付近はまだ積雪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.田舎暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。