湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

昨日の夜は雨、今日の朝は強い風・・・

2016年10月29日 |  2.微気象

昨夜は、ずっと雨が降っていました。そして、今朝からは、冷たくて、強い風が吹いています。

午前9:30~11:30まで、妻と2人で農作業・・・。最初、棚田の中段の、はえぬきの田にとめてあるKUBOTAのハーベスタHH701を覆っているブルーシートが飛んでいないかどうかの確認・・・。そのあと、棚田の育苗用ハウスの山側の資材置き場の後片付け状況を妻に説明して、それから、常夏川沿いの田畑転換した畑に行って、トウモロコシとナスビの野菜の残滓を片付けて、来春の野菜つくりの準備をしました。

今日は、つめたい風が吹いているためか、棚田で農作業をされている湖南の赤津村のプロの農家の方々の姿はありませんでした。

素人百姓の筆者と妻、やはり、赤津村にあっては、どの農家よりも早く農作業をはじめ、どの農家よりも遅くまで農作業をしているようです。筆者と妻、<楽をして金儲けになる農業>ではなく、<苦労しても、農薬・除草剤を使わないより安全で美味しい米野菜をつくる自給自足農業>を指向していますので、必然的に、どの農家よりも早く農作業をはじめ、どの農家よりも遅くまで農作業をするようになります。

棚田が積雪するまで、備中レンコン掘りをしますが、積雪してレンコン掘りができなくなりますと、冬が過ぎて、棚田の積雪が消えたころ、レンコン掘りを再開します。人百姓の筆者と妻、やはり、赤津村にあっては、どの農家よりも早く農作業をはじめ、どの農家よりも遅くまで農作業をしているというのは、あながち、筆者と妻の、単なる思い込みではないと思いますが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年福島産米の収穫量・・・ | トップ | 大塚民俗学会編『日本民俗事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.微気象」カテゴリの最新記事