湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

4月15日~5月14日までの農業に関する出費額・・・

2017年05月15日 |  1.営農

妻が、<4月15日から5月14日までの、農業に関する出費額を出して・・・>と話していましたので、昨夜、農業日誌に糊付けした領収書を集計してみました。

1.種苗代、2.肥料代、3.農業用資材代、4.農機具修理代、5.軽トラ点検整備代、6.燃料代別に累計して、妻にメモ書きを渡しましたが、妻が知りたがっていたのは、1.~3.の合計額・・・。

筆者と妻と、妻の実家のおかあさんの年金は、生活費にあてていますが、4月15日以降、生活費の中から、1.~3.を出費しているので、昨年の、野菜直売所・湖南四季の里の売上金から、1.~3.相当額を振り替えるのだとか・・・。

妻は、<農業は、ほんとうに費用がかかるのね。ただではできないわ・・・>と話していましたが、筆者も、その通りだと思います。妻の実家のおとうさんが、生前、<農業は、どんなに小さくても営農だから、そのつもりで帰農するように・・・>と話していましたが、農業に関する出費は、<基礎的費用>と<戦略的費用>に大別されます。<戦略的費用>は、一時的・短期的な費用ですが、<基礎的費用>は、農業を続ける限り、継続的・長期的な費用になります。

春の農作業のために、昨年の湖南四季の里の売上金の3分の1を、4月15日から5月14日までに消費したことになります。

しかし、素人百姓の筆者と妻、農業の収支だけでは測ることができない、多くの<収益>を手にしています。1.健康、2.労働、3.備蓄食糧、4.生活と暮らしの充実感、5.自然との触れあいなど・・・。<貯金>はなくても<備蓄米>がある暮らしは、生活に安心感を与えてくれます。妻は、<お米とお塩があれば、塩むすびが食べれます。梅とラッキョも自家栽培で漬けているし、百姓暮らしをしていると、明日食べる糧を心配することはなくなるわね・・・>と話していました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長生きしても、ええことはな... | トップ | 午後、河東のコメリへ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。