湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

浸種していた麦が芽をだしはじめる・・・

2017年04月23日 |  1.簡易温室

妻の実家の庭の簡易温室・・・

妻が今、花や野菜のいろいろな種をポットにまいて育苗中ですが、その間に、ポリバケツに水をいれて、麦の種を浸種しています。

昨年、秋に、種まきするつもりで入手した麦の種籾なのですが、そのための時間がとれず、畝をつくってそのままになってしまいました。それで、失敗覚悟で、簡易温室で7日間浸種して、育苗箱で、麦のポット苗をつくることにしました。

今日、コシヒカリ・はえぬき・ひめのもちの播種を終えて、浸種している麦をみたところ、芽がではじめていることを確認、明日、午前中に播種することにしました。10cmほどの背丈になってから、棚田の田畑転換した畑の一部に移植する予定です。

30年間棲息していた山口では、麦の栽培はいたって簡単なのですが、福島は、どうなのでしょう・・・?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農作業の疲れを癒してくれる... | トップ | ブルトラが帰ってくるのをま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.簡易温室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。