湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

備中鍬で、田畑転換した畑を耕す・・・

2017年09月13日 |  7.雑草と除草

今日の農作業は、とても疲れました。

それほど大した農作業はしなかったのですが、それでも、疲労感は並大抵ではない・・・。やはり、歳のせいなのかもしれません。

1.20坪の田畑転換した畑を備中鍬で耕す
2.4時間、給水ポンプで農業用水路の水を温水田に汲み上げる
3.温水田・ビオトープの管理

筆者が棚田に乗っていった自転車がパンク・・・。家事を済ませてあとから軽トラでやってきた妻と行動を共にすることになりました。1.と2.・3.は離れた場所にありますので、その間を行ったり来たり・・・。

今日、田畑転換した畑を耕すのに使用したのは、備中鍬・・・。筆者、やっと備中鍬で田畑転換した畑を耕すコツを身に付けました。それは、<一深三浅の耕し方>・・・。最初のひとふりは、備中鍬を深く入れて、そのあと、同じ場所を3回浅く耕しますと、田畑転換した畑の土の塊をかなり細かく砕くことができます。筆者が使っている備中鍬は、妻の実家のおとうさんが使っていた大きな備中鍬と、筆者の体格に合わせて購入した中型と小型の3種類・・・。今日使ったのは、中型と小型・・・。

インターネットで、<一深三浅>で検索してみましたが、筆者、びっくり・・・! Googleの検索では、<一深三浅>で検索しても、ヒットはなし。それにもかかわらず、<三浅一深法>という言葉が検索されてずらり・・・。Googleの検索は、<一深>と<三浅>の語順は無関係に検索するようです。<三浅一深法>は、人間のSexの技法を表す言葉のようです。

筆者、念のため、<日本の中国>で検索してみました。すると案の定、<日本>と<中国>の語順に無関係に両方の言葉を含む記事が検索されました。<日本の中国>は、岡山・鳥取・広島・島根・山口の5県で表示されないといけないのですが・・・。Googleの検索もあまり、精度がよくないのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲が倒れ、稗が生える田・・・ | トップ | おめんとこの稲は遅れてんな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 7.雑草と除草」カテゴリの最新記事