湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

妻のふるさと・湖南に帰郷してから読むことが少なくなった分野の本・・・

2016年09月18日 |  5.原発事故と放射能汚染

2011年3月11日に、東日本大震災と、原発事故による放射能汚染が発生したから、2013年4月1日に妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農するまで、筆者、放射線測定学・放射線化学・放射線健康管理学・原発事故と放射能汚染に関する文献を集めに集めました。

妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農して購入することにしていた農機具1台分を取り崩して、ドイツ製のガイガーカウンターALPHA300iXを2種類の検知管(端窓型と液浸型)付で、約400,000円・・・。原発事故のあった年は、放射線量計が品薄となり値段が跳ね上がっていましたので・・・。

原発事故から2013年4月1日に福島に帰郷・帰農するまでの2年・・・、筆者、放射線健康管理学・放射線防護学・放射線化学などの本を毎日読みながら、対策を考えてきました。帰郷・帰農してからは、その2年間の独学で学び与えた知識・技術をただひたすら実践するのみで、次第に、妻のふるさと・湖南からまっすぐ東に位置する東京電力原子力発電所の原発事故に関する情報収集をしなくなりました。

1.~1963年10月25日までに出版された関連書籍
2.1963年10月26日~2011年3月10日までに出版された関連書籍
3.2011年3月11日~2013年3月31日までに出版された関連書籍

それぞれの時代の代表的な学者や政治家が何をどのうように発言してきたのか、誰がほんとうのことを言ってきたのか、誰がごまかしてきたのか、確認することにしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は、1日蔵書の片付け・・・ | トップ | 秋まき用の麦の種を入手でき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 5.原発事故と放射能汚染」カテゴリの最新記事