湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

須賀哲彌著『病態生化学』が届く・・・

2017年06月22日 |  1.農家の健康管理

会津坂下から帰ると、インターネットの日本の古本屋経由で注文していた須賀哲彌著『病態生化学』(1982年)が届いていました。

無学歴・無資格、医学・看護学の門外漢である筆者、国立金沢大学医学部の廃棄本を中心にして、解剖学・生理学・病理学に関する本を15冊集めることができました。その他の薬理学・細菌学などの基礎医学を含めますと、基礎医学に関する蔵書は22冊になります。

そのあと、hans Breuer著『カラー図解・物理学事典』(2009年)と日本山岳会編『登山技術・全3巻』(3版、1967年)が届きました。

どの本も、満足できる内容・・・。インターネットの日本の古本屋経由で入手する本は、<古書>として、一定の評価を受けた本ばかりのようです。これまで、かなりな冊数の古書を入手してきましたが、99.9%が満足できる内容の書籍でした。BOOKOFFで手に入る本<古本>は、筆者自身で評価、購入するかどうかを決めなければなりませんが、古書店が扱う<古書>は、それなりの意味があるものばかり・・・。

69歳の筆者に必要なのは、時代の先端を行く知識・技術ではなく、<枯れた>知識・技術です。無学歴・無資格の筆者に役立つのは、時代の最先端の知識・技術ではなく、一般的、基本的な、Orthodoxな知識・技術です。

今日入手した、『病態生化学』と、『カラー図解・物理学事典』、『登山技術・全3巻』は、筆者と妻の、妻のふるさと・湖南での田舎暮らし・山里暮らし・百姓暮らしを健康裡にすすめるための知識・技術を提供してくれます。

筆者の、そのための古書収集、そろそろ終わりに近づいたのではないかと思われます。なにかの問題にぶつかりますと、書斎・書庫・寝室の書棚を探せばすぐ関連記事を検索、抽出することができますから・・・。野生のクマとの付き合い方に関する本もいくつかあります。湖南の赤津村のプロの農家の方々がおもしろおかしく、筆者をからかうために話すクマの話しは、ほとんど戯言・・・。筆者、動物学者・生物学者の動物生態学のクマにかんする説明の方を信じます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津坂下のコメリとグラント... | トップ | 筆者、登山の経験はないけれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.農家の健康管理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。