湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

今年、1回目の田の草取り作業・・・

2017年06月19日 |  7.雑草と除草

午前中は、8:30~12:30まで、午後は、2:00~5:30まで、妻の実家の棚田の田の草取りをはじめました。

今年、1回目の田の草取り作業・・・。

今、湖南の赤津村の田は、田に繁殖した雑草をとるために除草剤が散布され、そのあと中干し状態になっています。おおなえ・密植栽培のあきたこまちの田は、ほとんどすべてが除草剤を散布して、ひえなどの雑草を除草していますので、妻の実家の田のように、手で除草したり、手押し式除草機で除草したりする農家の姿は皆無です。たぶん、湖南の赤津村で、<ころころ>と呼ばれている手押し式除草機を使って除草しているのは、素人百姓の筆者ただひとりでしょう。

今日、7.5時間の除草作業で除草できたのは、温水田とヒメノモチ、はえぬきの田、あわせて1反くらい・・・。

つまり、1反の田の除草をするのに、1日かかる・・・、ということになります。コシヒカリの田は、強湿田部分をビオトープとして切り離していますので、現在は、1.8反・・・。コシヒカリの田の草取りをするのに、2日かかる、ということを意味します。

妻の実家の棚田の田2.4反と温水田0.5反の計2.9反のひえなどの除草を1回するのに要する日数は、3日・・・。妻の実家の田の草取りは、1回につき3日かかる・・・ということになります。

経験則として、覚えておくことにしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古書店から在庫切れの連絡が... | トップ | 除草して、池の水面のように... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 7.雑草と除草」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。