湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

吉田くんも倒れないように・・・

2017年07月06日 |  3.湖南史談会

今日、福良郵便局でであった湖南史談会会員の方、筆者に、<吉田くんも倒れないように・・・>と語りかけて来られました。

その方の知人・友人に、会津若松市で、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリを栽培されている方がおられるようです。年齢は、同世代・・・。有機栽培・無農薬栽培のコシヒカリは、1俵50,000~60,000円で売れるとかで、一生懸命努力されていたようですが、最近、伴侶をなくされたとか・・・。そのあとで、その農家の方、<ふぬけ>状態になってしまわれたとか・・・。田の草をとる気力を失ってしまったようです。その方、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリを栽培するのに、一番大変なのは、田の草取りだと話しておられるとか・・・。

<吉田くんも倒れないように・・・>と、にこやかに話しておられましたが、筆者も69歳、これからさき、何歳まで、標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田で、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリを栽培し続けることができるのか、予測することは不可能です。

筆者と妻、<年金暮らし+自給自足農業>ですから、コシヒカリの栽培による収入は、ほとんど計算に入れていません。筆者と妻が栽培した有機栽培・無農薬栽培の最大の消費者は、日本基督教団の隠退牧師の方々の老人ホーム・・・。もちろん、献品として・・・。岡山の、筆者の妹夫婦と、郡山の、筆者の娘夫婦に送っていますが、<美味しい>といっていただけるだけで、筆者と妻は満足です。

古米になったコシヒカリの大量消費者は、冬の積雪期間に、庭の梅の木にやってくる<家すずめ>たち・・・。静岡精機の玄米食味分析計で81点を獲得した、わが家のコシヒカリ、すずめたちもとても気に入ってくれているようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郡山市の教育功労賞に推薦・・・ | トップ | 田の草の取り方・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 3.湖南史談会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。