湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

棚田で、ハトとカラスが喧嘩・・・

2017年05月03日 |  3.野鳥と野生動物

今日、棚田で作業をしているとき、上空でハトとカラスが喧嘩をしていました。

筆者が、見た感じでは、どちらが先に喧嘩をしかけたのかは、分かりません。ハトがカラスを攻撃しているように見えるときもありますし、逆に、カラスがハトを攻撃しているように見えるときもあります。ハトとカラス、もつれあいながら、山あいに消えて行きました。

しばらくして、戻ってきたのは、ハト・・・。棚田の田の東側の雑木林の中で、ハトが鳴いていました。筆者の耳には、うれしそうな鳴き声のように響いてきました。それで、筆者、喧嘩の原因は、カラスがハトのたまごを摂ろうとして、母ハトと喧嘩になったのだろうと、推測しました。

山口にいたとき、高佐郷を散策したことがありますが、そのとき、筆者の姿を見て、雌のキジが激しく鳴いていました。鳴いては、筆者から遠ざかり、また激しく鳴いては遠ざかることを繰り返していました。雌のキジは、たまごを守るために、外敵を、たまごから遠ざけるように、鳴きながら、自分の身をさらして、キジのたまごを守るそうです。今日、棚田で見たハトも、このキジと同じ行動をとったのでしょう。

雌ハトの気転で、ハトのたまごは無事であったようです。とても、うれしそうな、ハトの鳴き声が棚田の谷間に響いていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひめのもちとはえぬきの間の... | トップ | 死んだふりをするトカゲ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 3.野鳥と野生動物」カテゴリの最新記事