湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

LANケーブルを敷くための準備作業・・・

2017年03月21日 |  2.情報処理とブログ

妻と、妻の実家のおかあさんが、親類の春彼岸にでかけている間、筆者は、1階の書斎から、2階の妻の部屋まで、LANケーブルを敷くための準備作業をしました。

最低限3箇所の壁に穴を空けて、LANケーブルを通さなければなりませんので、電動ドリルで、穴をあけました。手持ちの20cm長さのドリルの刃は、2種類しかありませんが、LANケーブルだけなら通すことができる穴があければいいので、穴あけ作業をはじめました。

2階の、妻の部屋の壁に3番目の穴を空けるとき、思いがけないものに遭遇しました。たぶん、耐震用の金具・・・。2011年3月11日の大地震とそれ以降の余震、妻の実家も大きく揺さぶられたのですが、襖・ドアなどの建具に影響がでませんでした。妻の実家のおとうさん、家を建てるとき、地震に耐えれる構造にしたと話していましたので、<これも、そのひとつか・・・>と思いながら、3箇所の穴をあけました。

LANケーブに接続部分をつなぐときの配線の仕方・・・、筆者、すっかり忘れてしまっていますが、LAケーブルとLANソケットをかしめて止める道具・・・、山口で、情報処理関連の仕事をしていたとき、LANケーブルの配線の道具、テスターなどを持っていましたが、それを探し出して、午後、LANケーブルを設置することにしました。

成功するかどうか・・・?

機械音痴、電気音痴の筆者、とても心配ですが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あのおはぎはほとけさまが食... | トップ | 妻の部屋でインターネットに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。