湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

サツマイモの苗を植える畝つくり・・・

2017年05月19日 |  5.野菜つくり

この前、コメリに注文していたサツマイモの苗・・・

妻は、キヌサヤの苗の方を先に移植したいといって、サツマイモの苗の移植をあとまわしにしていました。しかし、いつまでもサツマイモの苗をバケツの水の中につけておくわけにもいかず、今日の午後、妻の実家の棚田の田畑転換した山側の畑の一部を、サツマイモの苗を移植するための畝にしました。

農業関係の蔵書の中から、筆者が、<この方法がいいのでは・・・?>と思った栽培法を、妻は、他の本に同じことが書かれているのを見つけ、しかも、写真による解説つきで・・・。それで、今日の午後、その写真の解説通りに、サツマイモの苗を移植するための畝をつくりをKUBOTAの管理機TRS70USでつくりました。湿地につよいTRS70USだからこそ、できた畝つくりでした。

妻は、明日、2列の畝にマルチをはって、50本のサツマイモの苗を移植するそうです。サツマイモのツルと葉が伸びても、隣の麦の栽培に影響がでないように、空間をつくりました。昨年は、苗代田で栽培して、大豊作だったのですが、妻は、今年は、苗代田の田畑転換した畑に別の野菜を栽培したいといいます。

まだ、野菜を作付しなければならないのは、7~8畝(210~240坪)あります。素人百姓の趣味の園芸、家庭菜園としては、少しく広すぎます。何をどれだけ栽培するかは、吉田農園の農園主である妻が計画することになっていますので、その全貌は、筆者にも分かりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 段々畑の2枚の畑の草刈り・・・ | トップ | 湖南の赤津村も明日は真夏日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。