湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

『土壌・植物栄養・環境事典』が届く・・・

2016年11月05日 |  4.読書

この前、インターネットの日本の古本屋経由で注文していた『土壌・植物栄養・環境事典』と『心理学事典』、『倫理学事典』の3冊が届きました。

『土壌・植物栄養・環境事典』の目次は、

1.土壌の生成と分類・調査
2.土壌の物理・化学・生物性
3.土壌の生産力
4.植物の栄養生理
5.肥料の種類と性質
6.施肥法の原理
7.環境保全

妻は、『土壌・植物栄養・環境事典』をみて、にこっと微笑んでいました。そして、湖南四季の里の会員で、専業農家の Saito さんの話をしていました。減農薬栽培で米・トマトを栽培されているSaitoさんご夫婦・・・、娘夫婦と同じ年代のようですが、夫婦そろって、とても勉強熱心なのだとか・・・。

今日、そのSaitoさんが、自作した<ぼかし肥料>を、米袋2袋、試供品にくださったとか・・・。田畑転換した畑を、田畑転換して1年で、田の土をフカフカにすることができる肥料なのだとか・・・。

来年は、筆者、妻の実家の棚田の、田畑転換した畑の1部に、<ぼかし肥料>をつくるための、ビニールハウスを建てるころにしていますが、妻は、Saitoさんご夫婦がつくって販売される予定の<ぼかし肥料>を購入するつもりのようです。

高齢化・過疎化する、農村的地域社会の中で、Saitoさんご夫婦のように、若い専業農家が活躍する姿をみるのは、初夏の新風が吹きこんでくるようなさわやかさを覚えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしの母に期待してもダメ... | トップ | 『環境保全型農業事典』を注... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。