湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

帰るとすぐ、棚田へ・・・

2017年05月20日 |  4.棚田

家に戻るとすぐ、妻の実家の棚田に向かいました。

午後、郡山地方史研究会に出席するので、妻に、育苗用ハウスの温度管理を頼んで行きました。妻は、1時間ごとにハウスに入っては、温度管理をしていたようです。水分が不足気味の育苗箱には散水・・・。真夏日の午後でしたが、稲の苗は、朝とほとんど変わっていませんでした。

妻は、<簡易温室の中での野菜の苗つくりも大変・・・。でも、ハウスの中での稲の苗つくりはもっと大変・・・。>と話していました。

育苗用ハウスの2つの最高最低温度計を使っての温度管理・・・。今年、蓄積した、2つの最高最低温度計を使ったハウスのなかの温度管理・・・、これからは、筆者と妻の温度管理の基本的な技術になりそうです。

育苗用ハウスだけでなく、妻が野菜の苗を育てている簡易温室にも同じ方法で温度管理ができるようにしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高くなったBOOKOFFの医学書・... | トップ | 温水田に備中レンコンの葉芽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。