湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

今日は、ひさしぶりに疲労感を覚える・・・

2016年10月16日 |  1.農家の健康管理

今日は、ひさしぶりに疲労感を覚えました。

全身に疲れがたまったような感じ・・・。明日は、1日雨が降るそうなので、稲刈は中止・・・。妻と一緒に、郡山に食料品の買い出しに出かけることになります。気分転換を兼ねて・・・。

明後日から4日晴れの日が続きますので、妻の実家の棚田のコシヒカリを刈り入れることにします。10月22日(土)は、郡山地方史研修会の<史跡巡り>に参加しますので、できればそのときまでに、コシヒカリの稲刈を済ませておきたいと思っていますが、どうなることやら・・・。しかし、目標は目標・・・。達成できるように努力しなければ・・・。

今年は、2014年・2015年の失敗、KUBOTAのバインダーRJ25HDを土の中に潜り込ませて抜け出せなくなるような失敗を繰り返さないで、順調に稲刈りをしています。5cmほどぬかるんだ土の中に足が埋もれるようなところでは、<いかだ>の上でRJ25HDをUターンします。

筆者の生まれ故郷は、岡山県児島郡琴浦町下之町萱刈というところ・・・。筆者が生まれた家の庭には、船着場があって、その入り江の向いには、入浜式塩田が広がっていました。こどもの頃よく、<いかだ>遊びをしたことがありますが、強湿田の田でバインダーで稲刈りをするコツは、その<いかだ>遊びの経験を生かしたもの・・・。

昭和55年、平成5年のような大冷害と同じようなときにも、妻の実家の棚田で、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリとはえぬきを収穫できるように、いろいろな対策を施しますが、牡蠣や海苔の養殖に使う<いかだ>を転用して、温水田に水の<自然加温器>をつくる予定・・・。

妻のふるさと・湖南での、筆者と妻の暮しは、夢多き日々・・・。湖南の赤津村のプロの農家の方々からは、バカよばわりされることが多い筆者と妻ですが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤トンボ、どうしてあなたの... | トップ | 朝早く、湖南史談会前会長の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。