湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

『寒冷地における稲作技術』にガッカリ・・・

2017年08月09日 |  1.農書

8月6日に注文していた『寒冷地における稲作技術』を今日受け取りました。

早速、目次を開いて、主なところを読んでみましたが、筆者、かなり衝撃を受けました。その本、妻のふるさと・湖南とほぼ同じ自然環境にある地方の従来型農法(化学肥料・農薬・除草剤を使用)によるあきたこまちの栽培法そのもの・・・。

湖南の赤津村のプロの農家の方々がどのようにあきたこまちを栽培しているのかについて知ることができても、ただそれだけ・・・。筆者が期待していた<寒冷地における稲作技術>とは、内容が大きく異なる農書でした。

妻は、<あなたが、農書で失敗するのは、これが2冊目ね。吉田農園は、あきたこまちは絶対に栽培しませんからね。山形のはえぬきと、新潟のこしひかりで十分です。>と話していました。有機栽培・無農薬栽培による美味しいあきたこまちの栽培法ならともかく、化学肥料・農薬・除草剤を多用したあきたこまちの栽培法ですから、今回の農書、しかも新本で入手したのに、大失敗に終わりました。

今日、尋ねて来られた赤津村の専業農家の方には、ぴったりの農書かもしれませんが、筆者は、『寒冷地における稲作技術』には、ガッカリ・・・、急に、<この本、高価過ぎる!>と思いました。インターネットの日本の古本屋経由で入手する農書は、その内容にガッカリさせられることはほとんどないのですが、現在、書店で購入できる現行の農書は、玉石混淆・・・。新刊ないし新刊に準ずる本は、岩瀬書店で手にとって内容を確認してから購入するのが最善であるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤津村の専業農家の方が来訪... | トップ | 朝5:30~8:30まで棚田の草... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.農書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。