湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

台風18号による、妻の実家の棚田の田の稲の被害・・・

2017年09月18日 |  2.微気象




今朝明け方まで、激しい風が吹き、雨が降っていました。

午前9:00頃、筆者のコンパクトデジカメをもって、妻の実家の田畑に向かいました。棚田の田は、ほとんど異常はありませんでした。一番上の写真は、一定以上雨量があった場合自動的に排水するための水位計とUV管です。コシヒカリの田には3箇所設置しています。水位計とUV管は、最初に水を張ったときに設置しています。今回の台風18号で倒れた稲は、しるしで囲んでいます。

2段目の左・中・右はコシヒカリ、3段目の左・中ははえぬき、右はひめのもちです。

今日、夕方まで、突風が吹いて、稲が倒れる可能性があるそうなので、妻の実家の棚田の田のコシヒカリ、はえぬき、ひめのもち、これから倒れる可能性なにきしもあらず・・・。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風18号が湖南に一番接近す... | トップ | 見せていただきました、湖南... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.微気象」カテゴリの最新記事