湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

稲の成長が著しい・・・!

2017年07月11日 |  4.棚田

今日の夕方、妻の実家の棚田の様子を見に行きました。

まず、農業用水路の取水口を閉じて、農業用ビニールハウスの側窓を閉めて、ビオトープの備中レンコンの様子を見に行きました。このビオトープ、コシヒカリの田の強湿田部分を切り離してつくったものですが、今では、すっかり、ハス田になってしまいました。

今日、今年はじめての花芽が出ているのを確認・・・!今年もハスの花を見ることができそうです。

棚田のひめのもち、はえぬきも成長が著しいのですが、一番急速の成長しているのは、やはりコシヒカリ・・・。今年は、これまでで一番雑草が生えていますが、ひえが少ないのがせめてものなぐさめ・・・。クロガイ・ホタルイ・オモダカ・コナギの除草に追われていますが、明日からは、除草法を変えます。除草作業時間も、1日6時間に増やすことにしました。今年、田の草をとっているとき、ふくらはぎやふとももにひきつけがきて、とても痛い思いをしましたので、除草時間を1日3時間にとどめました。すると、やはり、田の草が繁茂しました。

ただ、今年、田の草が繁茂した原因は、温水田にあると思っています。温水田に生えた草を取り除くことができなくて、クロガイ・ホタルイ・オモダカ・コナギの実をつけさせてしまったのが原因ではないかと・・・。そのため、今年は、精力的に、温水田の雑草をとっていますが、来年は、はじめて、コメヌカを使って田の草の抑制をすることにしています。コメヌカを使った除草は、最初から知っていたのですが、2014年、2015年、2016年、2017年と、手作業で除草してきました。妻の実家の棚田の田の草の種類と繁茂時期、除草適期、除草方法を確認したり、身に着けたりするために・・・。

今日の夕方、遠くから、不如帰の鳴き声が聞こえてきました。

<時鳥声をからせぞ聞人なし>

一茶の句ですが、句こころのない、素人百姓の筆者は、

不如帰耳傾ける棚田かな・・・。雑草に負けずに育てコシヒカリ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師用の聴診器が届く・・・ | トップ | 1日6時間の田の草取りは疲れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.棚田」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。