湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

棚田の下段のコシヒカリの田の荒代かき・・・

2017年05月14日 |  4.棚田

妻の実家のおかあさんをデイケアへ送り出して、家事をすませたあと、妻が、棚田にやってきましたので、妻と2人で、棚田の下段のコシヒカリの田の荒代かきをすることにしました。

KUBOTAの超小型トラクターB6001で、6段階の速度のうち、遅い方から2番目の側で、爪の回転を、3段階のうち一番回転数が多い3番目に設定して、代かきをしました。

ブルトラで、田を耕すときは、速度1、回転1が一番楽に快適に作業できます。荒代かきは、速度2、回転3が、素人百姓の筆者にとっては一番無理なく、妻の実家の棚田の田の土を耕耘したり、代かきしたりすることができます。

作業開始は、午前10:00・・・。作業終了は、午後1:00・・・。ブルトラで、1.8畝のコシヒカリの田を荒代かきするのに要した時間は、ちょうど3時間・・・。もちろん、この作業時間には、準備と後片付けの時間も含みますので、ブルトラでの正味作業時間は、2.5時間・・・。

昼食を済ませたあと、午後2:00から、筆者の自家製の手動代かき器で代かき(整地)します。近世幕藩体制下の広島藩の農民がしていた<代かき48手>を参考にして、代かきをしてみます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田畑転換した畑の排水の改善... | トップ | ブルトラで荒代かきをしたあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。