湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

秋まき用の麦の種を入手できず・・・

2016年09月18日 |  1.山里暮らし

今朝、インターネットで、東北の寒冷地・高冷地でも栽培可能な耐雪性のある<麦ごはん>用の麦の種を検索してたのですが、すでに完売済みとか・・・。

他の品種は、<積雪しない地方でのみ栽培可能>との説明がありましたので、100~150cm積雪する、標高550mの湖南高原、妻の実家の棚田の田では栽培不能・・・。耐雪性のある品種も、昭和40年代初頭の文部省検定済教科書『作物』では、積雪が50cm以上になると、大麦の苗にまで日光が差し込まず、障害を受け、収穫できない可能性があるとの記載がありました。

『聖書』には、麦は、<春の麦>と<秋の麦>があるとの記載がありますが、<秋の麦>がだめなら、<春の麦>にすればいいいのではないかと思った筆者、妻に、そのむねを話し、麦は、来年春にたねまきをして夏8月に収穫することにしました。日本で、<春の麦>を栽培しているのは、北海道だけとか・・・。湖南の春は、北海道函館の春と同じなので、湖南でも、<春の麦>の栽培は可能ではないかと思われます。

失敗してもともと・・・。湖南の赤津村の農家の方々には内緒で栽培しますので・・・。栽培方法は、妻の実家の棚田に特化した栽培法を考えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻のふるさと・湖南に帰郷し... | トップ | 中学生の力だめし・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.山里暮らし」カテゴリの最新記事