湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

原色ワイド図鑑『顕微鏡の世界』が届く・・・

2017年04月21日 |  4.読書

この前、Amazonで注文していた、原色ワイド図鑑『顕微鏡の世界』が届きました。

顕微鏡といっても、電子顕微鏡ではなく、光学顕微鏡で、おもに小学生対象の図鑑であるようです。インターネットの日本の古本屋経由で、光学顕微鏡の写真集乃至図鑑を探したのですが、ヒットしませんでした。それで、学習研究社発行の小学生向けの図鑑を購入したのですが、@742円で入手したので、ほぼ満足・・・。

筆者が入手した光学顕微鏡は、倍率500まで・・・。デジタルで、倍率2000まで・・・。

これで、妻の実家の棚田の田の生きものの種類と繁殖の状態を、ある程度知ることができるかもしれません。図鑑をかたわらにおいて、顕微鏡をのぞくのは、60年ぶり・・・? 日本基督教団西中国教区の山口の小さな教会にいたとき、飛蚊症が酷くて、顕微鏡をのぞくと視野を動き回るので、光学顕微鏡を購入するのを断念していました。今は、それほど気にしないで、光学顕微鏡をのぞくことができますので、筆者、飛蚊症との付き合い方を身に着けて行っているのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田の境の畔下に畔シートを埋... | トップ | 天気予報は晴れなのに、午後... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。