湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

妻と、妻の実家のおかあさんの会話・・・

2017年05月15日 |  4.痴呆

今朝の、妻と妻の実家のおかあさんの会話・・・。

妻:おかあさん、サトイモつくるの上手だったわね。どうやってつくるの?
おかあさん:箱に土をいれて、イモをつっこんでおけば芽がでるべえ!
妻:水はやるの?
おかあさん:水をやらねえと芽は出てこねえべえ?
妻:肥料は、どうするの?
おかあさん:こうやって、まけばええんだ!
妻:そうなの。おかあさん、サトイモつくる作り方、忘れてないのね。
おかあさん:忘れるわけねえべえ!おらあ、去年までイモつくってた!
妻:おかあさん、すごいわ!やはり、ここらの農家なのね!

認知症の、妻の実家のおかあさん、とてもうれしそうな顔をしていました。さといもの栽培方法・・・、妻は、いろいろな本を取り出して、調べていましたが、そのことについては一切触れませんでした。

この前、妻が、おかあさんのノートを見つけたのですが、その中には、将来、娘夫婦が帰って田舎暮らしをはじめるときのために、いろいろなメモが記されていました。たとえば、たくあんの漬け方・・・。しかし、妻はそれを見て、<おかあさん、このノートを書き始めたときは、すでに認知症の世界に入っていたのかもしれないわね・・・>と話していました。その理由は、<塩、コップ何杯、糠、コップ何杯・・・>と書かれていて、妻は、<このコップって何なのかしら? おかあさんに尋ねると、大きなコップの場合もあるし、小さなコップの場合もあるし、2~3倍差があって、何の役にもたたないわ・・・>。

筆者、<軽量カップのことではないの?>と妻に尋ねますと、妻は、<おかあさんは、自分の使っていた湯呑みだというの・・・。メモしたときから、湯呑みは何度も変わっているから・・・。認知症になると、こうなるのね・・・>と答えていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 備中レンコンの葉芽は、70個... | トップ | 育苗中の苗の葉齢は、2.0~2.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。