湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

田草取りなすすべなくて稲穂出る・・・

2017年08月13日 |  7.雑草と除草

今朝、目が覚めると、ふと思いついた言葉・・・

田草取りなすすべなくて稲穂出る・・・

69歳の筆者、今年で4回目の米つくり・・・。2014年に、標高550mの湖南高原の棚田で、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリ・はえぬきを栽培しはじめて、今年で4年目・・・。素人百姓の、米つくり経験0の筆者、毎年、あらたな米つくりへの挑戦を余儀なくされてきましたが、4年目の今年は、やることなすこと、すべて失敗づくめ・・・。

湖南史談会会員で、専業農家の Koyama さん、<今年のイネの成長具合は、大丈夫か?>と心配してくださるほど・・・。

今年は、田の草取りに失敗して、田には雑草が繁茂していますが、けがの功名というかなんというか、今年の田の草取りの失敗の中で、田の草の除草法についてあれこれ考え、来年の草取りの方法を見つけたのは、次の年の米つくりへの希望と挑戦につながります。田の中の草取りは、結局、自分にあった草取り器を自作(既存の清貧を改造)することにしました。

人生の晩年における米つくり・・・、老化にともなう体力の低下と持続力の減少、時として体調不良や弔事、天気や異常気象でしなければならない作業ができないこともあるし、それでも、有機栽培・無農薬でコシヒカリを栽培し続けるには、Hard より Soft の方が大切・・・。

そうそう、今年は、素人百姓の筆者にあった、畔塗りの方法を見つけた年でもありました。

米つくり、失敗経験から、あらたな方法を見つけることも少なくないようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口だけ達者な認知症の義母・・・ | トップ | 蓮の花と稲穂、妻が育てたい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 7.雑草と除草」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。