湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

金よりもむしろ知識をえよ・・・!

2017年04月24日 |  1.農家の健康管理

昨日は、1日8時間の農作業・・・。

そのつかれをいやすために、就寝前に、OutStretch をしました。

腰・脚・足首・足の指・膝関節・肩・腕・手首・指・眼・頬・鼻・喉・口・・・。今朝、目がさめたとき、昨日の農作業の疲れはほとんどありませんでした。眼・頬・鼻・喉・口の OutStretch もしたため、花粉症の症状もほとんどなし・・・。ここちよい目覚めとなりました。筆者、69歳なのに・・・。

昨夜、寝る前に、『北海道農業事典』をひもといて、大麦の種の春まきについて、その方法を確認しました。収穫量にこだわらなければ、春まきでも十分に麦を収穫することができるようです。種をまいてから収穫まで100日とか・・・。麦の栽培法に関する農書も何冊ももっているのですが、全部精読することは、時間とこころのゆとりがありませんので、一番参考になりそうなものだけを読むことになります。

そのあと、岩波文庫の『文語訳旧約聖書Ⅲ 諸書』を数章読みましたが、その中に、<金よりもむしろ知識をえよ>ということばがありました。<金>が大切か、<知識>が大切か・・・?妻のふるさと・湖南の、プロの農家の方々の話しに耳を傾けますと、大半は、<知識>より<金>を重んじているようです。プロの農家の方々、<金さ寄こせ、そうすればすべてうまくいく!>という人はいても<知識さ寄こせ>という人は皆無です。

今年、<湖南農業史>を知る上でも、和田照男編『大規模水田経営の成長と管理』(東京大学出版会、定価8,240円)を再読・精読することにしましょう。大規模水田経営をされている農家のことをよりよく知れば、素人百姓の極小規模経営と共存可能・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の農作業がはじまって、体... | トップ | 霜の降りた朝の育苗ハウスの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.農家の健康管理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。