湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

麦の苗を移植するための畝つくり・・・

2017年05月05日 |  4.棚田

今日の午後1:00~4:00まで、妻の実家の棚田の中段の田畑転換した畑の一部に、育苗中の麦の苗を移植するための畝づくりをしました。

この麦、昨年の秋に直播する予定だったのですが、その時間的ゆとりと体力的ゆとりがありませんでした。それで、今年の春、『北海道農業事典』の麦の春まき栽培に関する記事を参考にして、移植栽培することにしました。麦の栽培目的は、妻が、麦ごはんが食べたいといいますので・・・。それと、麦茶をつくるため・・・。

山口の小さな教会のミニ菜園で、0.5坪ほど麦を栽培したことがありますが、1夏分の麦茶をつくることができました。それから考えますと、今日の麦栽培のための畝つくりは、14~16倍の量を収穫できる見込み・・・。

明日、午前中に移植をします。明日は、昼過ぎから夕方まで、雨が降るそうなので、ベストタイミング・・・。

素人百姓の筆者と妻、稲の栽培の諸作業のいそがしいときに、同時並行で、1.ソラマメの栽培、2.備中レンコンの栽培、3.無農薬栽培の環境つくり、4.麦の移植栽培をしています。湖南の赤津村の農家の方々がしていない農作業です。そのため、今年も、妻の実家の田が、一番最後に田植えをする田になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝5:00~共同作業・・・ | トップ | 堰上げが済むと田に水が入る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.棚田」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。