湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

倒れた稲を起こしながらバインダーで稲刈り・・・

2017年09月25日 |  1.農機具と農具

2014年、生まれてはじめて米つくりをはじめたとき、栽培しているコシヒカリとはえぬきが倒伏したとき、バインダーで刈り取るにはどうしたらいいのか・・・?

KUBOTAの展示会で、担当者の方にお尋ねしましたら、アルミ製の<稲起こし棒>を紹介してくださいました。筆者、それを1本買って、展示会場内を持って歩いていたら、<いまどき、あんな稲起こし棒を使うひとがいるんだ・・・?>と、展示会場に来た農家の方々から奇異な目を向けられたのを覚えています。

しかし、2014年、2015年、2016年と、そして2017年も今年まで、倒伏していませんので、その<稲起こし棒>、今では、居間の室内用物干し竿に変身しています。

この前、喜多方の道の駅に行ったとき、老夫婦が、倒れた稲をバインダーで刈り取っていましたが、かなり倒伏していても、地際で折れていなければ、十分バインダーで刈り取ることができるようなので、筆者と妻、ほっと一安心しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倒伏した稲は、バインダーで... | トップ | 専業農家の方の倒伏した稲の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.農機具と農具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。