湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

湖南高原産コシヒカリの食味値81の衝撃・・・!

2017年06月19日 |  4.食生活

昨日、郡山市のビッグパレットで開催されているKUBOTAの<クボタサマーフェスタ2017>の<米食味測定コーナー>で、静岡精機の食味分析計で測定してもらった、標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田で、有機栽培・無農薬栽培で栽培した、コシヒカリとはえぬきの食味値を測定してもらいましたが、コシヒカリは81、はえぬきは74でした。

今朝、インターネットでさらに検索してみたところ、静岡県では、食味値77以上を<特A米>として出荷しているところもあるようです。インターネット上では、食味値80以上を厳選して販売している米穀販売店も少なくないようです。

妻の実家の田で栽培された米は、コシヒカリ、はえぬき、粒が大きくそろっていて見た目もきれいで、たきたてにつやがあり、いい香りがして、ねばりもほどほど・・・。食べたあと口の中に甘味が残ります。

今朝、妻が、<わたしたち、湖南に戻って、こんな美味しいお米を食べることができるようになったのですから、神さまに感謝しないといけないわ・・・>と話していました。

湖南高原産コシヒカリの食味値81の衝撃・・・! 湖南の赤津村のプロの農家の方々から、どんなにバカにされ嘲笑の対象にされても、食味値81の湖南高原産のコシヒカリを、素人百姓ながら、収穫して食することができるのですから、赤津村のプロの農家の方々の営農とは別の方向を歩み続けることにしましょう。

湖南の赤津村のプロの農家の方々は、ほとんどが自己満足の世界の住人ですから、筆者と妻も、<自己満足>できる米つくり、野菜つくりの道を歩み続けることにしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島県の歴史に残る農業災害... | トップ | 102歳の報道写真家・・・! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。